ランチア テーマ エンジンかからず

    P9120035  テーマのV6 2.8Lです。エンジンがかからないそーです。
    これより新しい3ピンダイアグコネクター付きは何台か見たことはあったのですが、このエンジンはお初です。
    かからないので、基本から見ていきます。
    まずは燃圧。これはオッケー。で、圧縮。これは6気筒同時はなさそうなのでパス。
    インジェクターは教科書のような波形。クランクセンサーはこれまたオッケー。
    ですが、クランキングで息苦しくまわるところがあるので、プラグコードの差し間違いがあると思いました。



    P9080020 差し間違いを確認。が、あってます。手持ちの資料で点火順序を確認。
    なんだかちょっと違います。トランクにあったスペア部品の中にデスビのキャップがありました。何気に見てると、1番の位置が違います。資料に1番のデスビローター位置が載っていたので確認。トランクに入っていたキャップがどうやら正解。
    あの~お話では突然かからなくなったということなんですけど~。







    P9080024 キャップを交換すると、クランキングは正常になりました。しかしかからず。続いて2次波形観測。
    あ、これかっていうわけで、これまたトランクに入っていたデスビローターに交換。
    エンジン一発始動!波形もバッチリ。
    このあと、なぜか位置がくるってる、スロットルスイッチを調整。テーマは復活!



    これまた試乗すると、いい車でした。









    P9120032 エンジンは調子がいいのですが、メーターおチェックって書いてある赤いランプが消えません。プリンさんが涙ものの資料を送ってくれました。
    半ドアの警告ということがわかって放置しようとしたのですが、エンジンのセンサーの断線、ショート時も活躍するそうなので、これは直しておかないと後々コマリマス。
    ドアロックについてるマイクロSWがご臨終。
    でも分解、よく見る、いろんなものを試す、タバコを吸う、いろんなものを試す、BMWをBMDと書いた後輩の車庫証明を笑う、としてるうちに何とか修復。



    ということで、怒ったり、笑ったりしないので、修理ご依頼の際は正直にお話しください。人が作った故障を見つけるのはすごく大変です。



    ☆やられたテンショナー



    P9060014 左が新品、右がついてたやつ。VWのFSIエンジンのものです。新品の赤いマークに注目。
    ここのプレートが裏返しで組んであって、テンショナーを張れどもポインターが合いません。
    俺は、タイミングベルトも張れないのか.........、と落ち込みました。
    俺も引きが弱いのか。

    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    カウンター
    プロフィール
    輸入車、国産車問わず、修理 整備承ります。ご相談だけでもお気軽にどうぞ。空飛ぶ車にしてくれ!とかいうのはデキマセン。

    C.Kmotors

    Author:C.Kmotors
    FC2ブログへようこそ!

    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    リンク
    RSSリンクの表示
    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    カウンター