スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    WJ40 車検の続き

    Dsc02012さて、題名のとおり続きです。テスターでのチェックでフォルトの入っていたTPS、スロットルポジションセンサーです。これも結構ダメになりますね。



    取付は簡単です。何といっても調整がありません。ポン付けです。このままでも不具合はありませんが、新しいセンサーを仲間入りさせるべく、学習値はリセットします。







    Dsc02008 プラグの交換です。あまり気にしないでしょうが、新品でもギャップがおかしいものもたまにあります。ちゃんとはかりましょう。今回は信頼のNGK、6本ともオッケーでした。





    Dsc02010左ドアミラーの交換です。旦那さんが割ってしまったそうです。残念ながらミラーのみの供給がありません。ちょっと高いです。













    Dsc02009 そしてエンジンオイルの交換の前に、ワコーズのRECSです。熱のこもりやすい車なので、カーボンの除去は効果的だと思います。今では少なくなった直6エンジン。私は好きです。



    面倒をちゃんとみてあげれば、結構たくましく走ってくれるこういう車。大事に乗ってね。



    ガソリンが不足気味で、車を預かるのも一苦労ですが、修理屋のみなさん、頑張りマショウ。

    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    ckさん バッチリです 正しいメンテナンスが 省エネにつながります あとはタイヤの空気圧をバースト寸前まで....さて この車 たしかクラセンがデスビ流用タイプではなかったでしょうか かつてシャフトがロックしてボッキリ折れたのを修理したことがありました なんてアメリカンな壊れ方 と思った記憶があります  ところでドーピング処置 良さそうですね じつは買ったのですが まだ試していなくて...ではまた

    No title

    輪業舎さん、どうもです。シャフトのロックですか.....。アメリカンですね。このドーピング処置をした14万キロ走った初期型のGDIエンジンのお客さんが1週間後に連絡をくださってまたアレやってくださいというほど変化がある車もあります。なんでもお客さんいわく、中古で買ってから今が一番調子イイそうです。どんづまりの車は効くみたいですね。
    カウンター
    プロフィール
    輸入車、国産車問わず、修理 整備承ります。ご相談だけでもお気軽にどうぞ。空飛ぶ車にしてくれ!とかいうのはデキマセン。

    C.Kmotors

    Author:C.Kmotors
    FC2ブログへようこそ!

    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    リンク
    RSSリンクの表示
    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。