CVTは直せるのかな?

    Dsc02977 KSP90のヴィッツです。CVTの滑り。ストールさせると滑ってます。ディーラーさんで保証範囲の年式ですが、距離が約17万キロなのでダメよって言われちゃった♪ということで、中古に載せ替えました。



    ところでCVTって増えましたね。国産、輸入車問わずありますね。DSGとCVT。これから増えるでしょうね。で、壊れちゃったらどうなんでしょう。



    いらないDSGのミッションはなかなかありませんのでたまたまあるこのCVTを分解してみます。



    分解は大好きです。



    Dsc02980



    オイルポンプ側から開けてみました。構造は結構シンプルです。今回のCVTの滑りの原因はすぐわかりました。写真の中央の上の赤っぽくなってる所に、前進/バック/ニュートラルの切り替えをするプラネタリユニットがあります。見えてる赤っぽいのはリバースブレーキです。









    Dsc02984



    フォワードクラッチのディスクです。手前はまだ溝がありますが、奥側はもう限界です。2枚しか入ってません。リバースブレーキのクラッチは3枚でした。こちらも規定値は分かりませんがもう限界だと思います。あと1枚ずつあってもいいんじゃないかと思いますが、1000ccの車両ではこれでいいのかもしれません。





    Dsc02981



    こっちはいわゆるベルトのほうです。左がプライマリ、入力側で、右がセカンダリ出力側です。



    とくに損傷もなく、プーリーの面も綺麗です。スチールベルトもまだまだといった感じです。よくニッサンのCVTはベルトがバラバラになってるのがありました。プライマリは変速の為に、油圧制御されて動くようです。セカンダリも油圧制御されてますが、こっちはごっついスプリングも入っていて、変速というよりベルトをギュッとはさむ役割のようです。





    Dsc02982 バルブボディです。まだばらしてませんが、見た目にも普通のATより簡単そーです。



    油圧を調べて、制御のデーターをよく見れば、どこの不具合なのかはおおよそ検討がつきます。あとは部品が入手できればいんですけどね。



    流用できるクラッチがあれば直せそーです。海外ではスチールベルトも販売しているところがありました。そのうちクラッチも出てくるかもしれません。



    Assy交換は高いですからねぇ。



    以上、GWで部品もはいってこないので、ばらしてみました。







    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    すごいですね・・・こんなの初めて見ました。海外だとリビルトキットがあるんですねこういうの。
    http://www.ebay.com/itm/MINI-COOPER-CVT-ZF-TRANSMISSION-REBUILD-KIT-CLUTCHES-/250786549679?pt=Motors_Car_Truck_Parts_Accessories&hash=item3a640b0faf&vxp=mtr
    直す人もいるのですねぇ。

    No title

    最近時代が戻ったというか、当り前だというか。修理の方向で考えられる仕事が増えましたね。
    カウンター
    プロフィール
    輸入車、国産車問わず、修理 整備承ります。ご相談だけでもお気軽にどうぞ。空飛ぶ車にしてくれ!とかいうのはデキマセン。

    C.Kmotors

    Author:C.Kmotors
    FC2ブログへようこそ!

    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    リンク
    RSSリンクの表示
    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    カウンター