今年もありがとうございました。

    Pc070205_4SLK230は、たまにエンストしちゃうそうです。
    なかなか症状が確認できませんが、入っていた故障コードとその時の状況から考えると、このあたりが怪しそう。
    ばらして、配線図とにらめっこすると、一見関係のない故障コードが関係しているとわかったので、K40交換。
    ツジツマがあった時の解決はうれしい。



    Pc250247
    こんなふうに、ボンネットが開く車も少なくなりました。
    手前のSA22Cは相変わらず調子がいいです。
    ここだけ昭和になってます。



    Pc210240
    続くときは続きます。
    こーいう現象は、結構修理屋さんであります。



    Pc270248
    今年最後の修理は、CLSのヒーターバルブ交換。
    そこにつけなくてもいいんじゃないか?って感じですが、なんとか交換。
    また手がきずだらけです。まぁ、キレイになることもないんですがね。





















    Pc280251986ボクスター、水漏れ。プラスチック、パカーン。
    他にもあるので、来年持ち越しです。



    というわけで、来年は、6日から始めたいとおもます。いろいろ考えさせられることがあった年でした。来年はどーなるんですかね。







    皆様、良いお年をお迎えください。

    スポンサーサイト

    W203 CO HCオーバー

    今日は文章多めで。



    W203の180コンプレッサーは、車検で排ガスで引っかかっちゃたそうです。
    数値は約CO 3.5% HC300ppm。燃料が濃いのは明らかです。



    故障コードは、何個かころころ入れ替わりましたが、結局空燃比制御がうまくいってないというものでした。定番と言われるとこでは、ブローバイホースの損傷による2次エアなんかが多いみたいですけど、タバコスモークテストやファイバースコープでの見える範囲の確認では大丈夫なようです。データもなんか一見よさそうでした。



    で、山梨メルセデスホットラインにTEL。あらっ、偶然にも同じ車やってるのねってわけで、お互いの車のデータを確認。



    そんでもってウチのは、燃圧が低め。まずはこれを何とかするのに、ポンプとフィルター交換。
    燃圧は規定値になり、全部オッケー。とはいかず、COが3%をやっと切るぐらいになっただけ。



    Pc200231 で、お互いのデータ比べで大きく変わっていたのがリアO2センサーの数値。ここで、文献を手当たり次第に読んでいくと、なんとなくこんな感じになっているのか?っつうわけで、交換してみようってカプラー外すとオイルがでてきました。
    あんまり触らない車で知らなかったのですが、カムアジャスターからオイルがまわっちゃうのが多いらしいんですって。へー。ECUや他のとこには見られなかったのですが、そりゃー掃除したからなんだろうと思いました。でもそれは今回二の次。あくまできっかけであって、なぜ今こうなっているのかが大事。
    リアO2ってそこまで影響するのか?
    触媒でもだめなのか?いろいろ考えちゃいました。



    Pc200232で、交換後のλコントロール確認。コントロール事態は最初からこんな数値。
    リアの前に、動きが緩慢な感じだったのでフロントも交換してあります。
    O2センサーの電圧は大きく変わりました。



    Pc200233 こっちが、リアO2側。電圧がビシっと出ました。
    動きも大変いいです。
    自分の勉強不足が身にしみます..............。
    なんでこうなるのかは、月刊λセンサーの9月号のカラー特集ページ、なめるなリアO2に書いてあります。



    Pc200235 で、ガス計測。だんだん下がってきました。でもまだ濃い。このあとセルフアジャストメントをクリア。
    条件整えて、30分以上走行。普通になってきました。
    今回は、仲間の協力なしでは無理でした。でも、ディーラーさんとかの情報とか、こーなったらこーすりゃいいんだよ的な直し方ではなく、これが、こーで、こんな風になって、あれがこーなってそういうことだ、と考えにつじつまがあっての結果だったので大変勉強になりました。
    知っていればなんてことないのでしょうが、修理は結果は同じでも、そこまでのプロセスが大事だと考えます。だってこれダメだから交換したっていうよりは、専門用語なしでわかるぐらいに説明されたほうが、お金払う方からすればいいと思うし。
    こういう自分にもプラスになる修理依頼はほんとにありがたいです。それに、あーどうせあれなんだろう的な考えで臨むと、見当違いな見方にもなりそうです。結果は一つなんでしょうが、そこまでが大切だと思います。



    ☆今日の俺  
    いいこと言ってると思う。

    XC70 V70

    Pb290177 ラジエターのホースの付け根が破損してブシューってなっちゃったXC70です。ラジエター交換。
    ちょうどぎっくり腰の最中のこの仕事は非常につらい。軽いはずのラジエターもものすごく重く感じます。



    Pc030193 LLCのエア抜きをしていると、エンジンハンチング。ナオヤ君でみるとエアマス不良ですって。
    でもそうじゃなくって、ブローバイホース破損。
    めんどくさいですが、ちゃんとオメガバンドで取付。
    それにしても、ナイス開脚。



    Pa300108 車検でお預かりのV70。Fパッド交換&ローター研磨。交換部品はこのぐらいでオッケー。



    Pa290106 試運転すると、いきなりABSのランプ点灯。
    そーいえば、この車は以前からついたり消えたりっていってました。なんでもお客さん、結婚されたそうで、ガキの頃世話になった人の息子さんということもあったので、なんかお祝いしたいなということでABSユニット脱着。



    Pa290105 で、久々修理。最近は虫眼鏡を使うようにしてます。決して老眼なわけじゃないです。
    こんなのでお祝いになるかどうかわかりませんが、おめでとうございます。





    A3 Bザフィーラ

    Pb140147      A3の2.0のターボです。チェック点灯。
    インマニのフラップモーター不良&センサー電圧不良。
    センサー電圧不良って何?と思って調べると、ECUからの5V電源の不良ということでした。
    ありゃ、ECUもだめなのか?いろいろ調べるも、共有してるセンサーにはエラーコードはありません。それでも心配なので、いろいろ調べるとアメリカではリプログラミングの指示がでてました。
    こんなときは、顔が広い師匠にTEL。
    夜遅く、師匠の知り合いのアウディに出向きアップデート確認。日本仕様は適応外のようでした。
    いつもありがとうございます。



    Pb140148インマニの下についてるモーター交換。スロットルにそっくりです。ちなみに私の西部警察の大門のものまねはそっくりです。



    Pb130140続いて、リア周りからの異音。スタビのブッシュでした。社外のスタビライザーに変わってました。ブッシュ外してみるとヒビだらけ。
    ブッシュを取り寄せて、長持ちクリームを塗って取りつけ。



    Pb130142キーを抜かないと、シガーソケットの電源が切れないないので、不意なバッテリ上がりを起こしそうということで、リレー設置。もし、この辺をばらすときもハーネス一式取り外せるように設置。
    意外にこういうのって時間かかります。俺だけか?



    Pb210172試運転してオッケーと思ったら、DSGのオイルフィルターケースからオイル漏れ。ちょっと前にDSGオイルを交換されてるそうなので、もったいないので、ケースのOリングだけ交換。
    このたびは、遠いとこ来店ありがとうございました。



    Pb220173Bザフィーラは、ATエマージェンシーモード。
    シフトソレノイドがダメなんですって。
    しつこく乗ったり、動かしたりしてると症状がでました。



    Pb210167 で、交換。念の為2個交換。
    ちなみにボッシュのKTSでは、AT通信せず。ナオヤ君はデータがバグってる。ソラスはバッチリでした。最近ほんとにソラスに助けられてます。
    この後、ナガツマン先生のところにソラスは単体出張に出向きました。おっかないから、ちゃんと言うこと聞くんだよ~。

    E90  アルファ156

    Pb160153 E90 330iです。遠いとこありがとうございます。
    ナビ画面真っ暗、ポーンってゴングもなりません。
    これだけでもCCCが不良と言ってもいいんですが、なにせ高いのでしっかり調べます。
    まずはナオヤ君でチェック。CCCにアクセス不能なので、ISTAにチェンジ。



    Pb160155 真ん中の5個ひと組になってるのがCCCです。
    緑にならないといけないのですが、一個しか反応がありません。
    なんとか再プログラミングで復活してほしかったのですが、残念ながら無理でした。
    これはディーラーさんにお願いするしかない、と思いCCCだけ交換して持ち込みました。
    が、いろいろあって自分でやろう!と決心。



    Pc040201_2 ということで、レッツ プログラミング。
    ところが、途中45%までプログラミングが進んだところでエラー............................。
    ホントに落ち込みました。この気持ちは、味わったことがある人しかわからないと思います。俺はなんで自分でやろうと思ったんだろうと思ってショボンとしていると、数十分後再びプログラミング開始!
    丸1日かかりましたが無事終了。
    体脂肪が1%減りました。
    終わってしまえば笑い話ですが、本気でへこみます。これからの自動車修理には、大なり小なりコーいうことが必要になると思います。困ったものです。



    Pb290176 156はウィンカーがでないそうです。リレーを探すとこんなとこにありました。せめて下向きにつけてほしい。



    Pb140151 ドアミラーがプランプラン修理。この間のイプシロンも同じ作業で直せたので、今回も脱着~分解~アーでもねぇー~コーでもねぇ。
    無事直りました。





    ARQ チェックランプ点灯

    Pa230085 久々登場、ナイスガイが乗るARQです。
    チェックランプがついたそうです。何時ものパターンだと、めちゃめちゃ飛ばしたときにミスファイヤのエラー~プラグ寿命~交換。最近はそうでした。が、今回は違いました。
    セカンダリーエアーがどうたらこうたらってエラーが入ってました。









    Pa230086写真の左の奥のほうにあるバキュームホースの3又ジョイントがポキッて折れてました。セカンダリーエアーを制御するダイアフラムにつながってました。見つかるのは手間がかからなかったのですが、交換は結構しんどいです。同じような墓所についてる、ブーストコントロールの3又ジョイントも一緒に交換。Ωバンドをかしめるのに一苦労しました。









    Pa230087 プラグも交換。ブースト上がってるせいか、減りが早いです。見た目よりやりやすいです。















    Pb060126何気に見てると、ファンベルトのテンショナーが振れてます。危ないので交換。
    ものすごく狭いですが、電動ファン外して、ゴニョゴニョすると出てきます。サービスポジションにしなくても大丈夫です。











    ☆最近の俺



    ぎっくり腰をやってしまう。しかも歯を磨いている時...................。



    ☆昨日の俺
    社会の窓が半日あいていた。



    ☆ちっと前からの俺



    ハンドクリームを塗っている。











    ランチア イプシロン 調子悪い

    Pa230091  イプシロンの1.4Lは調子が悪いです。
    アイドリングでストン。3ピンタイプの診断ポートはナオヤ君はいまいちなので、マルチいーしーゆースキャンで見てみます。
    このときは、プントの1.2Lと同じ仕組みだろ、なんて簡単に考えていました。



    Pb010119 これの便利なのは、ライブデータ見ながら故障コードが入った時が同時にみれるとこ。
    観察すると、スロットルポジションセンサーのエラーがでたときにエンスト。
    おー、一件落着。



    Pb080137しかし、スロットルのセンサーはスロットルボディ一体供給。しかも生産終了...............。
    ばらしてなおそー。
    接点がちょっと曲がってます。
    じゃー直せばいいべ、っと。でもこの接点はどの車もそうですが、結構当たりが難しいです。10回はやったでしょうか。同時に発見した、パージラインのホースの取付不良と、バキュームホースが取り外されちゃってるのをその辺のホースで代用。



    Pb080136 調子悪い時のアイドリング。急に信号が乱れます。努力の甲斐あり、なんとかまとまりました。
    このあと試運転。うーん絶好調。
    っと思われましたが、チェックランプ点灯。
    今度は水温センサーですって.............。走行中に水温もすんげー下がってきちゃうんで、サーモスタットと同時交換。こんどは大丈夫。
    とおもったら、またエンスト..................。



    Pb190162今度の故障コードはアイドルスイッチ。でも現在異常なし。赤軍団と俺でにらめっこ。
    アイドルスイッチは、ISCモーターの先っぽについてます。にらめっこすること、結構な時間。
    アイドルスイッチ不良で確定。そのにらめっこの最中、O2シグナル異常のコードも発見。フィードバックが鈍くなってたので交換。同時に、ISCモーター注文。しかし本国オーダー..........。分解して修理。



    Pb200166 このインジェクションの仕組みとして、吸入空気量を直接測るセンサーはついてない代わりに、スロットル開度とλコントロールでやってます。ですから、アイドリングの認識とアイドル調整はこのモーターをどう動かすかですべて決まります。この頃のBMWもそんなのがあるようです。
    福岡の舎弟の一言で、ダイハツの部品を調べると、同じ部品を使ってました。早速注文!
    まったく同じものが届きました。
    交換後、初期学習もダイハツと同じようにやってみるとこれまたオッケー。
    ということで、直った♪



    ☆今日の学習



    Pb280175 ミニはCVTの学習値クリア&再学習。
    師匠はその学習の学習。
    短い指で一生懸命数えながらやってました。

    カウンター
    プロフィール
    輸入車、国産車問わず、修理 整備承ります。ご相談だけでもお気軽にどうぞ。空飛ぶ車にしてくれ!とかいうのはデキマセン。

    Author:C.Kmotors
    FC2ブログへようこそ!

    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    リンク
    RSSリンクの表示
    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    カウンター