スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    アルファロメオ 147 エンジンから異音

    P3260631  2.0Lのツインスパークです。



    なんかエンジンいっちゃってるような音です。
    が、結果はバランサーベルトのコマ飛びでした。
    コマがかかったり、かからなかったりでオートテンショナーがガタガタ、タンタン動く音でした。



    でも、アブなかったです。タイミングベルトに絡んでいたらと思うとぞーっとします。







    P3260634 と、いうわけでタイミングベルト一式交換。
    ビシッと上死点。
    交換歴はあったのですが、前回はいっぱいマークがして交換したあったようで、結構ずれてました。
    気が済むまで合わせていると、結構時間がかかります。









    P3270637 で、マルチイーシーユースキャンで、スキャン。
    で、タイミングがビシッとあったので、学習値クリア。













    P3270636 で、セレスピードもお勉強し直し。ガッチャンガッチャンやります。



















    2013032801120001



    で、まっちゃんからの頂き物。
    ほんとにご立派なあさりでビックリです。
    ありがとうございます。



    すげーうまい!!













    スポンサーサイト

    ゴルフⅣ たまにエンジンかからない

    P3160611 00モデルのゴルフⅣ。エンジンは1.6LのAEHです。たまにエンジンかかりません。フォルトコードは、いろんなユニットに電源電圧不良、エンジンには、イモビきいてるぜぇって入ってます。
    しかし、お預かりしてからずーっと症状でません。

    一度だけ、メーターのランプが暗かったときがあったので、バッテリーをチェック。
    で、大丈夫だったので困っちゃった。
    仲間に相談の結果、IGスイッチとサプライリレーを交換して一度お返ししました。
    1ヶ月後、また一度かからなくなったそうです。



    P3210619今度は故障コードは、エンジンのみ。30番の電源不良。あっちこっち調べるも決めてがないので困っていたら、運よくエンジンがかかりません。ナオヤ君でチェック、と思ったら起動しません。この機会を逃すわけにはいかないので、ソラスでチェック。
    すると、右下のマークはソラスのバッテリー容量のアイコンですが、本来車両につなぐのこのマークは出ません。
    OBDポートの電源電圧を測ると7Vでした。これじゃあナオヤ君は起動しません。急いで配線図とにらめっこ。



    P3210617 配線図から見ると、当り前ですが、バッテリーからヒューズを通ってきます。それらしいジャンクションもないので、バッテリーをチェックするとこの通り。













    P3210620 で、何分か経過後のバッテリー。
    ターミナル不良も疑いましたが、バッテリー単体で測定してますので、やはりバッテリーが不良のようです。











    P3210618 この状態でソラスをつなぐと、バッテリーのアイコンがでます。これが通常です。
    そのまま診断すると、やはりエンジンのみにフォルト。30番の不良とイモビきいてるぜぇが入ってます。
    結果からすればバッテリーだったので、最初のIGスイッチとリレーは誤診ということになります。
    まだまだ修行が必要なようです。お客様、申し訳ございません。
    だけど、こんなバッテリーは初めてです。
    もっとちがう方法で最初にバッテリーをチェックしてればよかった、といってもアフターカーニバル。
    いい教訓になりました。







    L375Sのストレーナー

    P3120593
    タント L375S。事故修理後にオイルランプが点きっぱなし。
    下回りヒットで、アルミのオイルパンを交換してます。
    オイルパンの中が怪しいので外します。オイルパンは比較的簡単に外れます。



    で、なんでタイミングチェーンまで見えてるの?







    P3120594
    オイルランプの原因は、オイルストレーナーの破損なのですが、このチェーンカバーの裏についてます。交換には、2本のボルトのうち1本がこの状態じゃないと外れません。











    P3120597
    交換したストレーナー。樹脂製です。穴があいちゃってるので、エアーを吸ってしまいオイルが吸えない状態でした。ストレーナーの中を覗くと、フィルターみたいなのが見えました。結構細かいです。
    オイル交換はお早めにした方がよさげな感じです。







    P3150598
    E36は中古ミッションが見つかったので載せ換え。さくっと終わるぜ~、と思ったら、カプラーが違いました。丸いカプラーで、配線の色も全然違います。手持ちの資料にも、Web ISTAにもデータがなかったので、お互いのミッションのオイルパンを外して確認、加工。無事終了。
    降ろした方のATはバルブボディをOHした時に、オイルパンもこれでもかときれいにしたはずなのに、フェーシングのものと思われる黒いカスが底に溜まってました。
    変速不良の問題は、実は違うところにあったみたいなので、分解して検証してみます。
    うーん、難しいです、診断って。

    147のオドメーターが点滅

    P3160602
    アルファ147GTAはオドメーターの表示が点滅しちゃってます。
    CANのエラーや、走行距離の認識の問題などで、こうなっちゃうようです。
    うちもMULTIECUSCANはあるのですが、うちのインターフェースはやる気がないので、急遽プリンさんに送ってもらいました。
    それでは、接続!







    P3160603
    これでいきます。
    英語ですが、雰囲気で進んでいきます。CAN なんたらかんたらのところを選びます。













    P3160604
    進みますと、キャロラインようこ、いやCANラインでつながってるモジュールの表示になります。
    今現在のモジュールの認識を確認。













    P3160606_2
    で、この画面に移行。私は、花粉症でズルズルの鼻をかみながら応援してます。













    P3160609
    お、終わったようです。キーをOFFにしたあと、エンジン始動。オドメーターは普通になりました。
    イェーイ。
    もうちょっと実験して、次はまっちゃんに送ります。



    花粉症で体が重いです

    P2220555 BNR32は、タイミングベルトの交換で復活。
    なんで、バルブタイミングがずれたのか?
    交換して、まだテンションがかかってない新品のベルトのほうが、交換前の状態より張りがよかったです。
    やはり、早め早めの交換が必要です。
    最後にソラスでチェック。
    この車もまだまだ現役続行ですね。



    P2050460 E36のジャトコ5ATのバルブボディ。
    なんとか、いろんなものを外してチェック。
    各バルブのストッパーは、半分以上抜けてくれません。
    穴をあけて、タップでねじを切って取り出しました。同じものを作って取付ました。
    が、内部損傷が激しく、祈るようにシフトしてみましたが、2速に変速することはありませんでした。
    悔しいですけど、中古のATに載せ替えることにします。



    意地やつまらないプライドは、お客さんの迷惑になることがありますからね。


    昔からこのバルブボディは相性悪いです。力不足でスイマセン..............。



    P3070591



    うーん、残念。


    P3060586E61はプログラミング依頼です。神奈川から、ここコンクリートジャングルまでようこそ。今回も30時間オーバーか?と思われましたが、残念。プログラミングがCASだけでした。これでよくなってくれればいいんだけど。



    俺のBMWはどうなんだ?と、気になるあなた。ご相談ください。


    ちなみに、DS708でDWA、いわゆる盗難防止とかやってるユニットにPT-CANやK-CANのフォルトコードがでましたが、ISTAでの確認では、フォルトなしと出ました。DS708のバグだと思います。以上、バドワイザーショップからでした。





    AUDI80  BNR32

    P2150515 AUDI 80。アイドリングが高いままです。
    アイドルコントールバルブが、全閉まで動きませんでした。
    部品は本国オーダーになっちゃうので、IG ONとOFFを繰り返して、バルブのイニシャライズを確認しながら、バルブが伸びるのに合わせてエイ!と引っ張ったら動くようになりました。イエーイ!
    でも、後で交換しましょう。

    ちなみにナオヤ君でのアクセスバッチリでした。



    P2280583 BNR32エンジン不調。セルモーターが苦しそうに回るので、点火タイミングでもおかしいのか?と思いました。
    ソラスをつないで、点火時期を確認。俺でもタイミングライトで確認。
    あってるんですけど、クランク角センサーがだいぶずらしたところで固定されていたので、もしかしたらとタイミングベルトの状態を確認。



    P2280581 ありゃ―、だいぶずれてるんですけど.........。
    4コマずれてます。写真はIN側ですが、EX側もそろって4コマ。
    クランクで2コマずれてるんだと思いますが、これでもエンジンかかって走るんだから、RB26ってすげーなー。
    なんでずれたのかが問題ですから、この後調べます。



    3月4日は申し訳ありませんが、C.Kモータースはお休みします。
    理由は人間ドックに行くためです。何もないといいんですが。

    バルブボディとかPCVバルブとかタイミングベルトとか

    P2190538    eKスポーツの4ATのバルブボディ。
    いつもと違うカッコしてました。
    いわゆる対策品なのでしょうか。でも、同じとこが壊れてました。どれが以前のやつで、どれが新しい奴なのかは交換したことないのでわかりませんが、どっちも壊れちゃうなら、直した方がいいんじゃないのか?と思います。









    P2190535 とりあえず、リターンスプリングは、ビヨーンってなってないようですが、プラグはおかしなことになってました。



    どっかの3代目は、バルブボディというと、すぐにバブルボディのせくしぃねーちゃん話をしたがります。そうです、彼は永遠のアイドルヲタクです。









    P2260574車検でお預かりのH20年式のライフです。タイミングベルト交換。
    初めてやりました。何気にメンドクサイ気がします。
    リフトであげて他のとこ点検してる時に、どこからともなく、ヒューとかピぃーとか音がしてました。
    また怖いものがでてきたのかと思い、気にしてませんでした。が、









    P2280579タイミングベルトを交換してエンジンを始動、何気にみていたら、タペットカバーからサージタンクにつながるPCVバルブのホースがペッチャンコになってます。触ってみると、プニョップニョになってます。カッターで切って見るとこんな感じ。
    ちなみにプニョップニョになってるのは、サージタンク側で、全体の約2/3はプニョップニョです。
    いろんな人にお話をきいてみましたが、そんなの見たことない!ですって。







    P2280585 真ん中に見えるホースがそうです。ターボ車なので、正圧も負圧もかかりますので、負担が大きいのでしょうか?それともゴムに悪いオイルでも入ってるのでしょうか?
    P ピーナッツを
    C チキンと一緒に
    V ボイル!
    のPCVバルブも一緒に交換しました。
    ターボにお乗りのみなさん、たまに触ってみてください。 ペッチャンコだといろいろ弊害がでます。





    P2230559 E36の5AT。日産車にも載っていたやつです。
    ちょっと日産と違います。中央のハウジングは、日産のやつにはありません。
    なんとかできるようにがんばりまーす。

    カウンター
    プロフィール
    輸入車、国産車問わず、修理 整備承ります。ご相談だけでもお気軽にどうぞ。空飛ぶ車にしてくれ!とかいうのはデキマセン。

    C.Kmotors

    Author:C.Kmotors
    FC2ブログへようこそ!

    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    リンク
    RSSリンクの表示
    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。