スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    今年も皆さんお世話になりました

    Pc290352

    02のV70です。リアのショック交換。
    ついでにVIDAで点検。
    何にもフォルトのないいい状態でした。都合でタイミングベルトは来年にしてもらいました。











    Pc290346
    都合というのはこれ。タイヤチェンジャー屋さんをオープン!ではなく、格安出物がでたのでこれをトラックからおろすためです。
    青いのはウチに、赤いのはエーゾー君のです。
    午後からエーゾー君が来た時はほんとにびっくりしました。
    奥さんやエータローとオトワと次元も一緒に遊びに来てくれました。
    次元はどーやら俺のことが好きらしい。
    普段汚い手で触られているのでしょう。頭を撫でろと、催促がすごかったです。犬もやっぱりわかってる。



    Pc270340B170点検。
    DASでも点検。俺でも点検。















    Pc200303
    LS430。国内でいうと30系のセルシオ。
    DRLの設定。残念ながらテックストリームでも項目現れず。
    来年には打開策を見つけたいです。











    Pc150294
    ゴルフⅤオイル漏れ。
    フィルターブラケットから。
    ブローバイパイプとレベルゲージのパイプも同時交換。VASーPCでレッツゴニョゴニョ。
    ゴニョゴニョは来年はもっとやっていきたいです。
    ゴニョゴニョって何?
    ゴニョゴニョはゴニョゴニョです。







    今年はいろんなことがありました。素敵な出会いもいっぱい。この出会いが大きかったです。
    チャレンジも成功したことも失敗したこともありました。その成功も失敗も分かち合える仲間が増えたことは、ものすごい嬉しいことです。
    また、お客様との出会いも嬉しいことがたくさんありました。
    また新しいチャレンジを来年もしていきたいです。ねぇ、タナマッチャン。一個ずつもどかしさをみんなでなくしていきましょう。きっとそれがお客様のためになるはずです。



    C.Kモータースは来年7日からの営業です。来年も皆様よろしくお願いします。
    それでは、良いお年をお迎えください。
    なお、お年玉は随時受け付けておりまーす。

    スポンサーサイト

    ルポ点検とか

    Pc270335 キャワイイー♡って言いそうになりますが、親父がいってもキモイだけなので言いません。
    でも、やっぱりかわいい。
    いろいろ点検。













    Pc270336 最初はナオヤ君でスキャン。スキャンしちゃイヤン♡
    冴えないのはともかく、お次はVAS-PCでレッツゴニョゴニョの予定でしたが、こちょこちょするぐらいで終了。











    Pc270337 大事なことです、基本調整。いままで英語画面でやってたことも、日本語だとさらに理解は深まります。
    まぁ、英語のほうが得意なんですけどね。
    ばれる嘘はともかく、ブローバイのオイルの量が、私的に気になるルポでした。
    でも、面倒見ればもっと乗れます。欲しくなっちゃったなぁ、ルポ。









    Pc280341 E91&E65診断!DIS&リンダ!
    接触不良濃厚!
    今日の昼飯のカップヌードルも濃厚!
    40代はただいま胃がもたれぎみです........。
    やっぱ、チリトマトヌードルにすりゃよかった。











    Pc280345 鍛冶屋deナカムラーンと守谷deナガツマーンから頂き物です。
    C.Kモータースのような若輩者にいつもスイマセン。2人ともいい兄貴です。兄貴と言ってもソッチ方面ではありません。
    脳みそとゴニョゴニョでお返ししますよ~。
    ちなみに、このダイヤル付きの妨害電波発信機を持ってないと、この辺ではモグリです。









    Pc260316 師匠、これはセレナだよ。
    チェックランプついて、エンジンかかり悪ーい。
    クランクセンサーがペケってナオヤ君に言われましたが、タイミングチェーンの伸びも気になりますので、いつものように実測!











    Pc260315 これはクランクセンサー交換後。カカリが悪い時は、A/Dコンバーター機嫌悪いらしく、クランクパターンがとげとげしかったです。とげとげしいと、スターターのまわりもぎくしゃくしてました。バッテリーが元気で、セルモーターも元気なのに、クランキングがおかしい車はもしかしたら、コーいう原因かもしれませんねぇ。









    ☆今日のほれぼれ
    テッチャンの電話の声は、なんだかいい男に感じる。































    BP5 レガシィ アイドル不調

    Pc260313 2.0Lターボです。アイドリングで、とまりそー。
    チェックランプはノ―コールです。エアフロは交換したんだそーです。アイドルこの感じは、BMWのVANOSのアクティブテストをしている時の感じに似ています。
    VVTの作動アングルに注目。左バンク49°になってます。ちなみにこれはインテーク。エキゾーストのデータは両バンクともに0°です。こんなに動いてるとも思えないので、スバルのこのデータはクランクアングルで表示されてると思えます。ってことは、だいたい25°ぐらい。最大進角と思われます。



    Pc260322 VANOSのソレノイドもたまにフィルターつまりがあります。動作の方法はだいたいどのメーカーもにたりよったり。制御がいろいろですが。
    スバルも同様だろーってことで、観察。
    VVTのオイルのフィードパイプについてるフィルターです。破損してました。



    Pc260317_2破損していただけでは、進角固定にならないと思いますので、その先がおかしそーです。
    オイルコントロールバルブが、最大進角で固着してました。パーツクリーナーで掃除していると、フィルターのかけらがでてきました。
    やさしくほじほじしてあげると、パコンという音とともに、固着は解消。
    通電確認してみると、ちゃんと動きました。



    Pc260319 元に戻して、エンジン始動。
    左右バンクともに、揃いました。
    ちなみに壊れたフィルターですが、後々廃止になってるそーです。いらないんじゃってことで、右バンクのフィルターともに外しました。てことはオイル管理が大事になるってことですよね。
    あとから聞くと、結構多いんですって。
    見立てどうりに事が運ぶとすっきりです。

    00" V70 ABSランプ W168 エアバックランプ

    Pc150293 V70 ABSランプ点灯です。今回はABSユニットにはフォルトなし。代わりにメーターパネルにフォルトあり。こーいうとき、ナオヤ君のオートスキャンは便利です。
    ABSのランプだから、ABSのユニットしか点検しない、なんて人はいないでしょうが、最初にオートスキャンで一気に診断していると、気がつきやすいです。









    Pc140292 いろいろ点検したあとやっぱりこれっ!ってわけで、ユニットはずしーの、ふた開けーの。
    一度修理してあるようです。全部の端子のハンダを吸い取り、ハンダやり直し。
    結構多い事例です。最近結構多い事例に遭遇することが多いので、ちょっと嬉しいです。











    Pc210309 W168 Aクラス エアバックランプ点灯。
    ナオヤ君は他で忙しいので、DASでいきます。
    コントロールユニット内部故障っていうフォルトコードはたまに見ますが、故障コードの表示をする前に、こんな宣告をうけたのは初めてです。
    実際フォルトコードはたくさん入っていて、まったく消すことができませんでした。一個ずつ調べましたが、やはりユニット不良。
    お値段10万越えでした。中古が使えないのでコマリマス。
    えっ?なんとかできるだろって?いざって時の装備ですから、ゴニョゴニョはしないほうがいいと思いますよ~。



    Pb150173 車検でお預かりのマークⅡクオリスです。サーモハウジングのあたりからLLCが漏れた跡があるので調べていくと、どーやらVバンクの間からです。ここのホースだろって思ったら、ヘッドガスケットからでした。
    今回は、ヘッドボルトの増し締めで様子みてもらいます。車齢と距離を考えると、直していいのか判断が難しいです。
    ちなみに、私は筋肉痛が次の日に出ますが、直るのが2日後です。まだ若いのはどうか、判断が難しいです。





    Pc250311 車検でお預かりのプロシード。
    ハブベアリングの点検のときに、なにげにハブを回すと片側がフリーハブになってません。
    分解すると、明らかに組み間違ってつけた跡がありました。
    いつからこの状態なのかはわかりませんが、困ったものです。
    もう少しで今年も終わりです。だからどーしたってわけじゃありませんが、がんばります。







    R129路上復帰

    Pa300110 最終確認です。水温センサーとエアマスを変えたLHは調子もよさそうです。
    スロットル角度がいい感じです。
    すごく補整が素早いので、診断は難しいかったです。俺だけか..........。











    Pc060258 1本ワイパーの動きが渋いです。



    HIなのにLOみたいなスピードです。脱着 分解 清掃 給油それと愛情♡。で、復活。まだ樹脂製のギヤもしっかりしてました。
    この後、動作確認してる時に、伸びるのと縮むのを逆に組んで、1人で笑ってました。ワイパーアームをつけていなくてよかったです



    若かりし頃、ストップ位置を逆に組んで、俺の車は左ハンドルじゃーってお客さんに怒られたことを思いだします。







    Pc200308 いろいろやりまして、路上復帰しました。やりだすときりがないので、どこまでやるかの判断は難しいです。走るのに支障がなくなれば、後は乗りながら考えるのもありだと思います。
    車は走ってナンボですからねぇ。











    Pc120278 こんなライトあるんですねぇ、知らなかったです。
    ちなみにこの車につけるのはちょっと大変です。















    Pb210227 H13年、ADバン。3番シリンダーNO爆発。
    ECU不良です。プラグ交換しない~IGコイル仕事大変~ECUもうがんばれない、のパターンです。なかなか中古がないです。
    直せるか?俺!
    EGR付きのウィングロードのユニットを使って、あーでもねぇ、こーでもねぇ。
    直った♪









    ☆最近の俺
    便秘ぎみだったのに、1日2回に変わった。

    エルフのクラッチとかR129

    Pc130289 あんまりトラックはやらないんですが、お世話になってる人なので、がんばってクラッチ交換です。
    ダンプなので、上が広くてやりやすいです。
    でも、そこは働く車です。終わった後は、お決まりのように、顔がマックロデス。
    私も学習能力がありますので、ちゃんと洗って綺麗にしてから帰りました。









    Pc180298うまく張れたでしょうか?

    あやうくスペルを間違うところでした。



    Pb240233 ルーフのロックシリンダーからオイル漏れ。
    交換より、オイルの掃除が大変です。
    ついでにって、全然ついでじゃないんですが、ルームミラーが動かなかったので直しました。
    奇跡的に直りましたので、絶対直せるわけではありません。でも動かないと、電動なのでコマリマス。



    Pc120276 ハードトップも外したので、天井リニューアル。
    鍛冶屋サンにお世話になりました。
    やはりキレイにしているといっても、汚れタラ困るので、久々軍手着用です。
    相手を汚さないようにしか、軍手ははめません。
    私の手も治癒能力が高いので、切り傷などはちょっとなめていれば血が止まります。



    Pc120279 V50の診断。原因がわかったのでよかったです。
    最近、鼻が垂れるのですが、原因はわかってません。



    Pc200302プラドです。エンジンかからないときがあるそーです。
    直してもらったというECUがダメでした。
    診断は一つ一つの積み重ねです。あれもこれも交換しちゃうと、何だかわからなくなります。
    ECUの中は、綺麗でしたが、おそらくコンデンサーを交換したときに、スルーホールやっつけちゃったの巻~と思います。
    これに同じエンジンだからと言って、違う車両のECUをつけると、ECUのトランジスタが焼け焦げます。直すの大変なので、間違ってつけないようにしましょう。

    02 ARQ

    Pa250051 02モデルのオールロードクワトロです。いつものではありません。
    いろいろ不具合ありますが、今回の優先順位は、Fサスペンション、エンジンからのゴロゴロ音、電動ファンの不具合etc.
    ちなみに私は、カンノミホちゃんのファンです。



    Pa290080 Fアッパーアームのブッシュです。やられちゃってますねぇ。今回は、他のブッシュもやられちゃってますから、OEMのHDタイプのアームセットで丸ごとチェーンジ!
    アームだけのセットと、タイロッドのインナー/アウターまで入ってるタイプとありますが、絶対タイロッドまで入ってるやつがおすすめです。交換は結構つかれますが。



    Pb160175 上がNEWタイロッドエンドです。一回り太いですね。それと傘みたいのがついてます。ここだけの交換はそーでもないですが、インナーとなると、めんどくさいです。アッパーアームを外すには、エアサスごと外すか、ずらさないと取れません。私はエアサスごと外します。そーすると、広くなってやりやすくなるので、後でやるより工賃節約できマチュ。
    たまに赤ちゃん言葉もいいもんです。



    Pa250054 エンジン~からの異音は、ファンベルトのテンショナーです。ベアリングだけ交換しようと思いましたが、プーリーがあわせてあるタイプなのでやめました。あの狭いエンジンルームで、これが触れて回ってはコマリマス。



    Pb170181 電動ファンの不具合は、ちらっと中央に写ってる、ファンコントロールモジュールでした。前回で診断方法がわかっていたのでよかった。高額なので間違いましたはできません。
    これもまた、いいとこについてるので、手が結構血だらけになることうけあいです。









    Pb260237お客さんが見つけきたエアサスコンプレッサーのピストンリングの交換です。探せばあるものです。
    外したリングは結構くたびれてましたので、これで圧縮回復となりそーです。お客さんの後日談では、なかなかいい感じだそーです。



    Pb160179



    電動ファンの不具合は、もうひとつ。フロントのファンが仕事放棄してました。バンパー外さなくても交換できるのか?と思いましたが、傷だらけになりそうなので外します。
    バンパーを外して、フロントのロックキャリアをサービスポジションにしたこの姿になると、私は妙に落ち着きます。
    手はかかりますが、いい車だと思います。

    プジョー406 チェックランプ点灯

    Pc050249 00モデルの406です。チェックランプがついたり消えたりするそーです。お預かりしてからは一度もつきません。

    ナオヤ君では、故障コードはありません!って言われちゃいましたので、ソラスでいきます。

    アメリカのテスターですが、ヨーロッパ系の車両にも結構強いです。ちょっと古めの車両で最近の診断機がアクセクするところを、アクセスしてくれます。

    インテリジェンスなダジャレはともかく。



    Pc050251 出てきました。
    ん?P0170っていうのはあんまり見ないコードですねぇ。それとも私の勉強不足でしょうか?
    フューエルトリムが機能してないということのようです。
    O2センサーのエラーも出てますから、このまま解釈すれば、O2センサーが仕事放棄の為、コントロールユニットは仕事ができません、ということでしょう。



    Pc050254 O2センサーを交換します、ってなわけにはいきません。O2センサーが機能しない理由が必要です。現在はO2センサーは、働いています。
    ソラスとリンダ(初代)と燃圧計をしかけて放置。
    全然症状があらわれません............。
    あきらめてO2センサーのカプラーを外して、調べようと何気に外して単体チェック。あらら、動いてません。カプラーを元通りにしても、働く気配がありません。0.8Vで固定になっちゃってます。



    Pc050253Pc050252














    診断途中の症状が現れたO2センサーです。ホントは、上いったり、下いったりグラフが動きますが、こんな感じ。リンダの方は横の表示が少ないのでこんな感じ。同時に同じ動きをするのでO2センサーからECUまでの配線トラブルはナイ!ってことになります。
    やっぱりO2センサーでした。
    また、手間ばかりかかりましたが、なるべく誤診や、いつのまにか直っちゃった系を避けるには仕方ありません。



    VAS PCとVIDAと千葉のDAS

    Pb060141 C.KモータースにもVAS PCが来ました。
    VCDSとナオヤ君でもよかったのですが、診断をより確実にするために使おうと思います。
    使い方もだいぶ慣れましたので、VWとAUDIで困ってる方々相談してください。これがあれば何でもどーたらこーたらってわけじゃないですけどね。
    でも診断の選択肢が増えるのはいいことです。









    Pc010245 さっそく使います。
    日本語なので、これで理解を深めて、VCDSとナオヤ君の汎用性に生かします。
    純正診断機でできることと、汎用機でできることが違うことが多々あります。せっかくのツールですから、ボタンは押しマクリマクリスティ。
    ちょっとどっかからパクリました。









    Pb050131 ひさびさ登場 ボルボのVIDA。電動のサイドブレーキのリアブレーキバッドの交換をしたいと、後輩に言われたので、ナオヤ君を使ったのですが撃沈。今後のアップデートに期待します。













    Pb050130 が、なぜかVIDAでもできず。
    ここで宮城のホヤ大好き君にTEL。
    コーすりゃいいのさぁって教えてもらいました。ふーん、なるほどね。あっ、口癖がうつった。
    いつもありがとうございます。
    で、あーして、こーして、ホニャララで無事できました。











    Pc030247



    千葉の師匠のところに頼みごとがあったのでお邪魔しました。帰ろうとすると、かえっちゃうの~っていうので、日ごろの感謝の意味を込めて、ダッチマグナムの修理のお手伝いをしました。
    びっくりするような壊れ方でした。このちょっと前に床がオイルだらけになりました。ごめんねぇ。









    Pc030248師匠のDASは応答していません。
    大丈夫ダスかぁ~。



    2011 US toyota シエナ チェックランプ点灯

    Pb240234 トヨタ シエナです。エンジンチェックランプ点灯ですって。去年モデルの車両なのにそんなに壊れるの?ライトをつけるとかなりの確率でチェックランプがつくそうです。なんだか手ごわそうです。
    DS708とSOLUSは09モデルまでしか対応してません。実際につなぐと、故障コードは出るのですが、今回の症状とはあんまり関係ない故障コードがでます。コードを消去しても消えません。
    アメリカ生まれなので、OBDモードも考えましたが、せっかく遠方よりお越しいただいたお客さんのためにも間違いない診断を、ということで、techstreamでいきます。



    Pb240235 出てきた故障コードはP0705 トランスミッションレンジセンサー回路の不良。シフトレバーに連動して、ギヤポジションを検出しているやつですね。
    こんな部品この年式でそー壊れるものではないと思うのですが。
    ちなにに私自信はそれなりの年式なので、よくオナカをこわします。ポンコツC.Kです。











    Pb240236 初めてみる車なので、何がどうなのか調べると、なるほど、日本のトヨタの大排気量のFFと一緒ですね。
    写真を撮り忘れましたが、データをみると、パーキングに入っていても、ライトスイッチを付けるとバックにも入ってるようにデータが反映されます。機械的にはあり得ませんというか、あっては困ります。犯人はバックランプのバルブがLEDのバルブに変わっているせいでした、チャンチャン!たまにありますね、コーいうの。なんでそーなるのかは、月刊LEDを読んでください。







    Pc010246 神宮寺自動車さんから頂きました。あざーす。
    ワインをみると、昔暮らしていた、アマルフィを思い出します。身分の違いで離れ離れになってしまった、ロザリアは今頃どーしてるんだろ。
    きっと幸せに暮らしているんだと思います。手紙を書きたくなったC.Kです。

    カウンター
    プロフィール
    輸入車、国産車問わず、修理 整備承ります。ご相談だけでもお気軽にどうぞ。空飛ぶ車にしてくれ!とかいうのはデキマセン。

    C.Kmotors

    Author:C.Kmotors
    FC2ブログへようこそ!

    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    リンク
    RSSリンクの表示
    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。