スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    BMWとISTAとCar DAQとホニャララ~ パート3

    Dsc03414   プログラミングのまえに、故障コードを消去します。ナウ?なんて聞かれるので、オフコースと言いながら削除。



    Dsc03421



    いい塩梅に進んでいって、レッツゴー3匹。いやレッツゴープログラミング。おーはじまりました。ただいま夜の9時過ぎです。1時間ぐらいだろ、かかっても。期待は裏切られました。約3時間待ちました。かえりてーよー。









    Dsc03428



    進んでいきます。プログラミングが終わったら、コーディング作業です。進んでいきます。私はノンアルコールビールをのんでミテルダケ。





    Dsc03434



    プログラミングの最中にヘッドライトがついたり、ワイパーが動いたり。プログラミングは13Vの電圧キープが条件です。バックアップはC-TEKで取ってましたが、こんなことされるとたりません。70Aが推奨だそーです。いそいでいろんなものをつないでなんとかキープ。充電器は買うことになりそーです。金かかんな―修理屋。







    Dsc03438



    すったもんだの末、完了しました。この画面の1分後に終わりました。ドキドキアドベンチャーは終わりまシタ。やったね。



    ということで、今まで二の足踏んでたBMWもちゃんと最後まで修理完了させられる環境が整いました。最後はディーラーで、っていうのが非常に悔しいですからね。まぁ、セキュリティの絡みでディーラーじゃなくっちゃ駄目なのもありますがね。まだまだ勉強が必要ですが、BMWの修理、お待ちしてます。





    それにしても車の修理もメンド―になってきました。いつまでも勉強が必要なようです。英語の勉強のために、今夜から我が家は日本語禁止です。まず私がもちませんねぇ。

    スポンサーサイト

    BMWとISTAとCar DAQとホニャララ~ パート2

    Dsc03401 前回から続きます。車両はE87 118i ユーロ仕様とISTAで認識されてる車です。DSCのランプ点灯、オイル漏れ等でお預かり。DSCのほうは、ステアリングのアングルセンサー不良ということで、リペアキットの交換です。部品の箱に入っていたキャップを装着。準備完了です。



    Dsc03403 分解。そんでもって、円盤と三角の透明な奴を交換。SZLを固定しているスクリュウが、1本折れ込んでます。右下のスクリュウがそーです。きっと以前に分解して、CDみたいな円盤を清掃したことがあるのだと思います。



    Dsc03406 続いてオイル漏れ。VANOSソレノイドからです。あんまりにもひどい漏れ方なので迷いましたが、とりあえずOリングの交換でいきます。ちなみにアンダーカバーはオイルがタプタプたまってます。



    Dsc03407 外すのは、チョー簡単です。それぞれボルト1本です。で、バルブを引き抜くわけですが、これもあっさり取れました。なんていうんですか、もうちょっとカタイんじゃねぇーの、って感じに、スコッと抜けました。きっとOリングカッチっかッちなんでしょう。



    Dsc03410 ソレノイドバルブです。緑と黒のOリングが入ります。が、この車は黒い方のOリングが入ってませんでした。しかも2つとも。パーツリストも修理マニュアルも何度も確認。やはり入ります。実際部品来てるし。ドイツ人がはめ忘れたのか、日本の誰かがはめ忘れたのか。記録簿にソレノイドバルブ交換の記載がありました。犯人は日本人と思われます。漏れるわけです。ちなみにただいま4万キロ弱。洗ってから、交換しようとおもっていたのですが、洗わなくて良かった。だって水が思い切り入りそーですからね。このほかに、デレスケになっているオイルレベルセンサーを交換。デレスケはノリスケの親戚ではなく、方言です。ごじゃっぺといってほうがいいでしょうか。どちらにせよ通じなさそうです。



    次回は、プログラミングです。





    BMWとISTAとCar DAQとホニャララ~ パート1

    Dsc03336 



    BMWのISTAです。インストールはスンゲー時間かかります。一回目はできた~と思ったら、失敗。2回目はなんだかんだやってたら成功。問題はここから。どーやってつかうの~?がんばって英語を読みます。が、いつものように雰囲気で読んでるので、翻訳がいい加減なので、今回はちゃんと読みました。











    Dsc03346 いつものように、いい塩梅にボタンをクリックしてたら、なんだかいい感じです。ちょうどいい被験車が現れましたので、いざ接続。



    25分ほど待ったでしょうか?こんな感じでユニットツリーが現れて、アクセスできるところが、緑色に変わりました。全てのユニットにアクセスオッケーです。ここでガッツポーズ。そして深呼吸。コーいうのは平常心が大切です。









    Dsc03352



    おー、修理マニュアルが出ました。でも全部英語です。でも気にしません。TISとWDSしかなかったことを考えれば大きな進歩です。



    動作はちょっと重いです。PCのせいもあるでしょうが、それだけではないような感じです。



    まぁ、ゆっくりやりゃーいいんじゃないでしょうか。あせっていいことありません。







    Dsc03354 この画面が出るまでが時間がかかります。手順をちゃんと踏めばいいのですが、詳しいマニュアルはありません。いや、あるのですが、そこまでは突っ込んでは書いてありませんでした。



    次回は、ちょうどいい被験車両でちゃんと使ってみましたので、その様子をお伝えしたいと思います。



    現場のC.Kからでした。



    プジョー206 タイミングベルト

    ごく当たり前の作業なんですがねぇ。



    Dsc03375 さくっとここまでバラス。ここまでは順調。



    Dsc03385 ウォーターポンプ取れず.....................。格闘3時間弱。削って、Oリングを取るもハズレズ。何とか外れました。ボルト2本なんだけどなぁ。



    Dsc03392 さくっと組んでエンジン始動。LLCのエア抜きしてると、タイミングベルトから異音。異音と言ってもそこまで大きくないのですが、気になってしまったからには大変です。よく見ると、このアイドラプーリーのところで、ベルトが振れています。気になる~。しかし、外したベルトもプーリーも振れてまわっていた跡があります。写真の黒くなってるとこから、プーリーの端まで振れてします。元に戻しても一緒でした。気に入りませんが、私にはドーしよーもないので、宮城と千葉にTEL。遊びに来たクルマヤサンにも相談。多数決でこのままイコウとなりました。



    Dsc03388 同時交換のエンジンマウント。左が古い奴です。ちょっと強くひねったら取れちゃいました。緒度よかったです。結構へたりますね。ちなみにただいま10万キロです。





    こんなふうに、タイミングベルトが振れて回ってしまう車両を直した人がいたら、ぜひ教えてください。この車両の場合、外れてしまうことはないのですが、もともと付いていたベルトも、なんだかおかしなこすれ方をしていました。Dsc03398



    ついていたプーリーです。やっぱり端まで当たってます。なんでだろー。何キロでやったか定かではありませんが、私のまえに一度交換されてます。そのときはどーだったんだろー。

    W210 エンスト

    Dsc03361  後期型の210のE320です。エンジンとまってかからなくなるそーです。ちょっと置くとかかるそーです。そりゃー、おめぇ、あれだっぺな、定番のやつだっぺー。という声も聞こえてきそーですが、万が一もありますし、なかなか定番商品が売れいきの悪いC.Kモータースですので、ちゃんと調べます。DAS茨城バージョンでいきます。



    Dsc03362



    エンジンにFマーク。L5クランクポジションセンサーが故障コードとして残ってました。やったね、交換してオッケー!っていきたいのですが、何回もいいますが、万が一もあるので調べます。が、いくらまっても止まりません。日当たり良好の場所に置くも、中畑 キヨシ、いや絶好調。











    Dsc03365 じゃーってわけでリンダ登場。ECU側でチェック。メンド―じゃないやつは、こっち側の測定がいいですよね。断線のチェックもできるし。しばらくほっとけば止まるだろうと思ったら、測定開始後すぐ止まってくれました。クランクポジション出力ありません。ということで定番部品の交換となりました。









    DASで一発とか、純正マシンでこーでたとかで、そのあとなおらずハマってしまうというパターンをよく聞きます。DASや純正診断機もいいですが、やっぱり自分の判断が大事だと思います。



    ☆今日のC.K



    久しぶりにいいこと言ってる気がする~。



    Dsc03389



    ガレージ鍛冶屋サンから、頂き物です。アザース。



    アイスをまともに食べたこともない私にありがとうございマス。



    ビーチパラソル低くしていただきます。

    ランクル60いろいろ

    Dsc03312 オイル交換のついでにいろいろ見て!走っててゴキごきガキガキする~。ということでみたら、フロントの左のシャックルベースが溶接はがれ。怖くなりました。なんて言ってもこの車、買ったばかりなんですが、ホイールのロックナットをはずすものが見当たらないのでお客さんの尋ねたら、この車のロックナットはナイ!っと納車されたそーです。へー。



    Dsc03316 だいぶ前からはがれてたんじゃないの?てかんじです。この後、がんばって溶接しました。



    Dsc03326



    あら、こっちも粉砕してます。ウレタンのものがついてます。かっちかっちやでー。ゴム製に替えました。安いからね。











    Dsc03310



    グローの点検をすると、アフターグローが効きません。ヌマン君に資料をもらいました、ありがとう。プレヒーティングタイマー分解。で、ダイオード一個とパワトラ一個死亡です。新品高いし、あるかどうかわからないので中古を手配。つけてみたら、アフターグロー復活。とおもいきや、タイマーユニットから煙がでてきて、あわてて外しました。中古品は不良品でした。でももったいないので、ニコイチで組み直し。メインの基盤は最初からついてたものがきれいだったのでこっちを使って、ダメな部品を移植。今度はオッケーでした。



    この他、トランスファーのオイル漏れ修理。燃料ホースが漏れてて部品発注するも生産中止なので作ってもらったり。古いのでいろいろあると思いますが、納車されて2ヶ月半ぐらいでこれだとさみしくなります。



    Dsc03346 関係ありませんが、なんとかセットアップできたようです。これはほんとにめんどくさい...............。



    これはまたの機会にアップします。してもいいよねプリンさん?やっぱダメかな?



    04 トレイルブレーザー エンジン不調

    Dsc03322  DTCはP0300 ミスファイヤと P0305 5番シリンダーのミスファイヤです。IGコイルは交換済み、プラグも交換済みだそうです。ためしに入れ替えてみましたが、5番のミスファイヤのカウントが増えていきます。燃圧計をポンプの出口のポートにセット。ソラスをつかって、1個ずつインジェクターを一定時間噴射させて、燃圧の低下具合を調べマス。燃圧があんまり下がらないトコがお休みインジェクターってわけです。が、みんな元気でした。夏バテではないようです。



    Dsc03311 新しいキャリブレーションに、アイドル安定、ミスファイヤ検出の閾値の変更等があったので、改善されるかと思い、やってみました。



    Dsc03333



    いつものようにリプロ開始。 このあと失敗。何十回やっても失敗......................。試しにエンジンか掛けてみると、ウントモスントモ。こまりました。結構アオクナリマス。



    日を改めて、再リプロ。3回目のチャレンジでようやく成功。平常心がたりないとコーなるようです。









    Dsc03327 リプロしても、相変わらず.......................。気を取り直して、各部実測。インジェクターは大丈夫なはずですが、調べないと先に進めないので、インジェクター波形観測。でも異常なし。現在75000キロ。エンジン本体の不具合は考えたくなかったのですが、残りはそれしかありません。











    Dsc03330 5番の圧縮圧力。約700Kpaしかありません。他のシリンダーは1400Kpaぐらいあります。ほぼ基準値です。圧縮圧力低下によるミスファイヤが確定しました。リークダウンテストもやろうとしましたが、ゲージのあがり具合で腰上なのは何となくわかりました。本国情報によると、シリンダヘッドは対策されてるらしいです。あとはお客さん次第です。









    ちなみに、パフォーマンス向上のキャリブレーションも含まれていたので、試乗してみましたが、なかなかの向上ぶりでした。気になる方どーぞ。





    お盆前はばたばた

    Dsc03315 後輩のアルファードにヘッドレストモニター取付。みんなテレビ大好きです。まだ首も座ってない子供が見るためにつけてくれと言われました。親の心、子知らず.................。



    Dsc03292 プリウス30、事故修理。手袋買いました。小学校のころ、手袋って反対から言ってみて、って言われて、ろくぶて、といったら6回たたかれてけんかになったのを思い出しました。



    Dsc03272ベンツ R230 セキュリティーホーンが勝手になる。ですって。なってんじゃねーよっと、喝を入れましたが、聞いてもらえず。セキュリティーホーンの故障でした。つかれてきましたが、もうちょっと頑張ります。



    ゴルフⅣのいろいろ

    Dsc03264 ガラスがおっこっちゃったよ~ってゴルフⅣ。レギュレーター交換。もうちょっと安いといいのに。意外とめんどくさいって思うのは私だけでしょうか?スピーカーのリベットもんだり、つかれてプルプルしてる自分のふくらはぎもんだり。



    Dsc03266 出来上がったので、VCDS接続。ドアがらみのエラーをチェック。たまにカプラー付け忘れるので動作も確認。せっかくつないだので全部のユニットのスキャン。例によって、フューエルトリムは気になるので№032でチェック。



    Dsc03267 右上アイドル時。あらっ、ちょっと数値が大きいですよ、オクサン!1番下の、左から2番目、エンジンの負荷率。あら、少ないですよ、オクサン!どこかで余計なエアーを吸ってるじゃないでしょうか?



    Dsc03269 ブレーキのマスターバックに行くとこのパイプから吸ってました。とりあえずテープでふさぐと、データは落ち着きました。構成部品は計3本。うち2本を新品に。1本は、交換したパイプの部品を使って修理。このあとVCDSでチェック。データはいい塩梅になりました。なにげにLLCのレベルをチェックすると少ないです。サーモハウジングからいっぱい漏れてました。



    Dsc03296 いい機会だから、やっとこうよ。ってことで外したウォーターポンプ。やっぱり破損してました。プラスチックじゃないハネのものに交換。お金かかかちゃっいましたが、これでしばらく安心。なんだかプラスチックのものばかり交換しました。



    夕べ、クルマトイキルの社長と電話しました。彼は結構ハズカシイことをサラっと言います。いい加減な私は、そんな話をされるとみょーに感心してしまいます。でも、はなくそほじりながら聞いていたのは内緒です。

    宮城もあつかった。

    Dsc03309 



    クルマトイキルの工場に行ってきました。あっ、これは途中のサービスエリアです。なぜか写真を撮り忘れました。またいけばいっか。



    道中は、ガレージ鍛冶屋の社長のお守で大変でした。初めて顔合わせした人たちとも、仲良くできたと思います。これからもよろしくお願いします。









    Dsc03306



    で、行く途中に福島のnoranboさんの工場に立ち寄り、そばをごちそーになりました。おいしかったです。福島の内部事情を聞いて、ちょっとだけさみしくなりました。



    がんばってる人が、報われる世の中になる日は、遠いのか?と考えちゃいました。







    Dsc03308 エーゾー君に案内してもらった津波の爪痕。となりにいた、神奈川の姫野っちが、泣きそーだと言って、手を握ってきたとか、そうじゃないとか。



    エーゾー君、君の行動が大切な行動なんだと、改めて実感したよ。











    Dsc03298



    で、アルファのGTV、ヒューズボックスのカプラー全部交換。つかれます...................。でも、がんばってる仲間が他にもいるので、俺も頑張る。



    あっ、なんでカプラー交換したのかというと、ウィンカーがつかなかったからです。

    カウンター
    プロフィール
    輸入車、国産車問わず、修理 整備承ります。ご相談だけでもお気軽にどうぞ。空飛ぶ車にしてくれ!とかいうのはデキマセン。

    C.Kmotors

    Author:C.Kmotors
    FC2ブログへようこそ!

    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    リンク
    RSSリンクの表示
    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。