体力測定

    Dsc02809   ショベルの1340です。カカリマセン。何年も乗ってません。セルモーターらしきものがアリマセン。



    壊れたから取っちゃったそーです。かわりにキックがついてました。DS708でいきます。いや無理です。



    なるほど、40をすぎた私に運動をしろと。



    やさしさあふれるお客様です........................。



    Dsc02813_2



    S&SのすーぱーBっていうそーです。ばらして清掃。長年のアカがたまってました。チキショー、加速ポンプがついてません。ガスを送るのには、私が頑張るしかなさそーです。パーツクリーナーでの始動も考えましたが、変なタイミングで爆発されて、きつーいお返しが来たらこまりますのでやめました。



    キックを踏んでみると、数回でオイルがヘッドの目玉から漏れてきました。泣いてるよーです。



    オイルはまわりましたので、根性入れたいと思います。









    Dsc02812_2



    お、重い.......。しかし誰も助けてくれませんので頑張ります。かかった時のためにセルフタイマーで撮りました。私は52キロちょいちょいなので本気でダンベルでもしばってやろーかと思いました.



    キックすること2時間。目覚めてくれました。どーやらコツもつかみ始めました。



    セルモーターの偉大さを、身をもって実感しました。かからないときひっぱたいたりして今まですいませんでした、セルモーター様。もっと優しくします。







    人間ドックに行ってきました。詳しい結果はまだですが、尿酸値が下がりました!これは結構感無量です。エンジンかかったのと同じくらいうれしいです。来年はもーっと下げて基準値目指します。

    スポンサーサイト

    07 POLO 車検

    Dsc02789



    現在22000キロの9N エンジンBTS 1.6のポロです。距離もキョリなので、大きな問題ないでしょう。これは洗浄後ですが、下回りは綺麗でした。でもやっぱりハブは錆びてますので、あとで綺麗にして、気のきいてものを塗っときます。









    Dsc02796



    オイル漏れが ありました。この下はLLCが通ってる樹脂製のハウジングがあります。オイルがかかったままでは、よろしくありません。もろくなっちゃいますからね~。Oリングの交換します。色が違うものが来ました。良くなってるのでしょうか?ちなみにここはバルブタイミング調整時にSSTを差し込むとこです。







    Dsc02794 IGコイルを外して、プラグの点検。といきたかったのですが、ハンドパワーでは外れません。ずいぶん前からVW AUDIは差し込むだけのコイルになって、今までは、固いですが手で取れました。しかし、おしゃれなプラスチックに阻まれて、手では抜けません。部品屋さんにVWのSST品番を伝えて注文。30分後、コイルプーラーは外販不可だよ。ってせつない返事。なんだよ~、VW!売りたくないんじゃシャーないので、セカンド ウィンドさんから買いました。急いでもらっちゃってありがとうございます。プラグも見ない点検はしたくありませんからね~。



    これないと苦労するっていうか、抜けませんでした。あってもスンゲー固かったです。肝心なプラグはオッケーでした。


    Dsc02792_2 VCDSでユニット診断。さすがにフォルトはありませんでした。各パラメーターも良好。サービスなんたらかんたらをリセットして終了。



    SSTしかもIGコイルのSSTさえ外販不可。なんなんでしょう。安かったからいいですけど。



    海外では売ってるんですけどねー。ちなみにBESなどのV6エンジン用のカムの位置決めSSTも売ってくれなかったので、アメリカから買いました。



    いろいろ調べると出てきますねー。



    最近、英会話は勢いですが、英語の文章は雰囲気で読めるようになったC.Kです。

    続 カプチーノ

    調子が出たカプチーノですが、実は販売することが決まってました。前回でエンジンは元気なのがわかったので、オイル漏れのあるフロントカバーの修理です。



    Dsc02780 いきなり分解ですが、オイルパンを外すのはちょっと、ホセ.メンドーサ、いやメンドウです。ちょっと管理が悪そーな汚れ具合ですが、K6Aは大なり小なりこんな感じになってるのが多いです。オイル漏れはだいたいシーリング不良です。たまにヘッドガスケットもありますが。どこのエンジンもそうですが、シーリングをケチりすぎだと思います。



    Dsc02790



    せっかく外したのですから、オイルポンプの分解、点検。状態は良いです。アッセンブリ ルーブをベタベタして組み上げます。



    すると気になるのは、タイミングチェーン。上死点で合わせると、やはり伸びが見られます。予算はありませんが、バルブタイミングとおうちでの威厳はビシッとしたいので、交換します。スプロケはミヲクリマシタ。





    Dsc02784



    右が新品です。たいしたことねーな、と思いますが、ローラーチェーンでこの伸びは結構でかいと思います。全体で考えると、ローラー約1個ぶん相当です。テンショナーもラチェットのコマはあと2つ分しか余裕がありません。ガイドも交換して組んで見ると、テンショナーの出具合も1/3になりタイミングも合いました。これで、エンジンの基本がしっかりしました。気になる腰下も、下からの確認ではまだまだ元気そうです。





    Dsc02761



    全部組み上げて、エンジン始動。静かなK6Aになりました。試運転でのブーストのカカリがおかしいです。いわゆるブローオフバルブから過給が漏れてます。プシューっていう奴にチェンジとも思いましたが、純正品にしました。だって高いんだもん。



    ブーストも正常になりました。結構早いんだねこの車。なんでも前期のF6Aのほうが人気らしいですが、こっちも捨てたもんじゃありません。結構、トルクフルでワンダフルです。んっ、俺ってラッパー?誰ですか?パッパラパーとか言ってるのは。







    Dsc02793



    ところどころ、小傷や、へこみはありますが、こーいうベース車で、ちょこちょこやるのが大人の遊びとしてはいいんじゃないでしょうか?そのためにも走る、止まる、曲がるだけはちゃんとしてないといけません。景気は悪いですが、こーいう遊びで元気になって、仕事頑張る!っていうのもいいんじゃないでしょうか。



    でも、あんまり儲かりません.................。



    でもいいです、これで楽しんでくれれば。



    30系プリウス MB トランスポーター

    Dsc02768 30プリウスのスパイラルケーブルです。ヌマン君に調べてもらって助かりました。ありがとう。デフォルトのものと、ディーラーオプションナビ用ではものが違います。中にステアリングのアングルセンサーが仕込んであって、カプラー形状が違います。知らなかったので、だいぶ時間食いました。カプラーが差し込まれてないと、VSCのランプがついちゃいます。ちなみにDS708でのアクセスが不可でした。次のバージョンに期待します。



    Dsc02754



    ベンツのトランスポーターのスライドドアのアクチュエーター不良。ケースが変形してモーターが動かなくなってしまいます。私の記憶が正しければ、Vクラスとおんなじです。パーツ№が違うのは、配線の長さだけだと思います。タイラップといつものゴニョゴニョ攻撃でO.K。この車は部品頼むと、ほとんど本国オーダーです。部品の扱いが、三菱フソーなのだそーです。もうちょっと在庫してください。





    Dsc02716 節電だー、なんて事務所の暖房ケチったら、プリンターに怒られました。うーん、キカイは正直です。



    ちなみに私も、正直すぎて、掃除機が好きです。



    我ながら、このダジャレは駄作でした...............。





    Dsc02717



    うーん、フォルトが22個っていうのもスゲーな。



    私がECUだったらそんなに覚えてられません。

    徒然

    Dsc02756 一回このタイトル書きたかっただけなので、意味はありません。なんかお利口そうな感じしますよね~。



    さて、タイミングベルトを交換しているSR40のタウンエースです。



    なんでテンショナーいっぱい張らないと、テンションかからないのでしょう?いつもこれでいいのか考えちゃいます。このエンジン型式の昔のシングルカムでは、自然にタイミングベルトがずれてしまうものがありました。スプロケットの形が悪かったそーですが不思議でした。これを知ってるのは、かなりの確率で40才オーバーです。



    Dsc02775 HA7 アクティ クラッチO/H



    新規格になったアクティは以前のものよりやりやすいです。さくっと交換で終了と思いましたが、クランクのオイルシールとか、クラッチケーブルもブーということで、Yさんもうちょっとお待ちください。











    Dsc02779



    とうとう こんなものまで自動になってしまったよーです。こーいうのって、ほのぼのしてカワイイデス。



    今日は、神宮寺自動車サンにTELしました。どーやら告白はうまくいったよ―です。偶然にも同級生。花の40代です。なかなかの波形チェックマンで、オシロ普及委員会としてはうれしいかぎりです。とってもフレンドリーに話してくれてありがとうございました。これからもよろしくお願いします。ジンちゃんってよんでいいですか?





    しかし世の中はひろいですね。どんどんすごい人が出てきます。負けないように精進すると堅く誓ったC.Kであります。











    カプチーノ エンジン不調

    Dsc02766 H7のK6Aのカプチーノです。アイドリング落ち着かない、軽い吹き返し、アクセル踏み込み時の息つきetc.



    DS708でいきます。



    いや無理なので、リンダシスターズでいきます。



    オシロを使って健康診断です。



    の前に、燃圧、アイドルバキュームを想定しておきます。結果は良好。これで初めて診断開始できます。



    Dsc02758初めに、O2センサーチェック。いい動きです。



    次に点火系チェック。ちなみにデスビとIGコイルとプラグとプラグワイヤーは新品がついてました。



    結果は真ん中の点火波形に注目。点火順序で並んでます。№3です。



    スパークラインと要求電圧が少しおかしいです。



    燃料が薄そうです。インジェクターか?





    Dsc02765



    MAPセンサーも新品みたいです。このバキューム配管を見ていたらふと思いました。ISCのデューティーを見ていなかったことを。



    このころのスズキのアイドル調整はなんかメンドくさいです。アイドル調整のスクリュウを点検すると、いっぱいまで締めこんであります。そりゃーまずい。ISCの開度が大きくなってるということです。ISCにはアイドルで余裕を持たせてあげないと、エンストやアイドル不調がでます。案の定、ISCのデューティーは多めです。



    以上を踏まえると、一番ISCに近い№3シリンダーの空気流量が少し多くなるのだと考えました。



    空気多めで、吹き返しやアイドル不調。しかしエンジンも健康。燃圧も健康。私も健康。



    制御がおかしいと思います。ECU交換!とはいかずに、リセットしてベースアイドル設定、30分ぐらいアイドルで再学習。調子は戻りました。アタマイイネーECU。なんでも16ビットだそうで。



    おそらく、何か本当に悪かったのでしょうけど、やみくもに部品を交換してしまって、なんだかまとまらなくなってしまったのだと思います。やはりベースアイドル設定、というか基本が大事です。



    こーいう故障診断って、久しぶりで新鮮ですね。ピコピコやる車が大半になってきてますからね。



    なんか若かりし頃を思い出します。







    BG5 レガシィ オイル漏れ

    Dsc02745 まるで交換後の綺麗さですが、オイルでツヤが出てるだけです。



    いつも思うんですが、オイル交換とかしてる人はオイル漏れにきずくと思うのですが、お客さんにおしえてあげないのでしょうか?まぁ、言っても聞かない人もいますからねぇ.............。



    このお客さんは、煙がでてきてびっくりしたそうです。私が見たときも、フロントグリルから、煙が出ていたので最初は、ラジエターがダメなのかと思いました。





    Dsc02748 クランクアングルセンサーのタイラップがいけてます。漏れてる場所は、カムとクランクのオイルシール、ヘッドカバー左右、オイルポンプとブロックの間、PSポンプでした。ここら辺についてるものが、ほとんど漏れてる車もそー見ません。



    交換よりお掃除のほうがタイヘンです。









    Dsc02749



    スプロケット たちも綺麗に洗浄。あとはパカパカっと組んで終了。といきたかったのですが、確認のために、左バンクのベルトカバーを外すと、スプロケットに、オイルが光ってます。あ~、俺やっッちまったか?









    Dsc02750



    この棒でさしてるとこは、よくみると隙間があります。ここにたまったオイルが、温まって出てきたようです。ストーブでアチアチ攻撃すると、結構出てきました。なんとスプロケ表面からもジワジワ出てきます。そんなにオイル漏れを放っておいたのですね。すっかり2度手間です。



    でも確認してよかったです。



    そろそろ人間ドックの日が近ずいてきました。



    尿酸値がさがってることを期待します。



    ハイエースとかモビリオスパイクとか

    Dsc02740 100系のハイエースのフルタイム4WDです。



    ちょっとした段差から出ようとしたら、ガキっといってスピードが出なくなったそうです。



    フロントの左のドライブシャフトのスプラインがなめちゃいました。



    ちなみに小学校のころ、ナメ猫が流行ってました。







    Dsc02741 相手方のフランジのスプラインもやられました。



    うーん、このハイエースでこーいうのハジメテミマシタ。01年の18万キロです。つかれてきたのでしょうか?



    そんな私も、珍しくカゼをひきました。38度ありましたが、気合いで1晩で直しました。



    馬鹿はホニャララ~とか言わないで下さい。













    Dsc02743



    02年のモビリオスパイク です。発進時の不具合。スタートクラッチだと思いましたが、ホンダの知り合いに聞いてみたら、IGコイルがダメになりかけだ!と力強く言われたので点検。



    №1のコイルの波形です。なんか、見慣れません。コイルにプラグコードをつけてクランプしてみてみました。







    Dsc02744 交換後です。減衰曲線が良く見えないのは、回路図をみるとプラグの前にダイオードが入ってるのですが、そのせいでしょうか?



    ほかの3本とそろったのでこれでいいんでしょう。



    もしかしたら、俺のセットアップが悪いのかな?



    だれか、教えてください。

    カウンター
    プロフィール
    輸入車、国産車問わず、修理 整備承ります。ご相談だけでもお気軽にどうぞ。空飛ぶ車にしてくれ!とかいうのはデキマセン。

    Author:C.Kmotors
    FC2ブログへようこそ!

    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    リンク
    RSSリンクの表示
    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    カウンター