01 WJ40グランドチェロキー 室内寒い その1

    ですって。運転席側のヒーターの風が、冷たいです。せちがらい世間の風のようです。俺があたためてやるぜ!ハニー!あー❤、ダーリン!



    寸劇はほどほどにして、診断です。



    Dsc02557 Dsc02558















    クライスラーのソフトは出来がいいです。VINでの車両決定もヘルプで教えてくれるので初めての人でもオッケーだと思います。BCM系にDS708は強いと思います。ヒーターのブレンドドアのアクチュエーターとシートヒーターの断線と出てます。シートヒーターもきかないので調べようと思ったら、ナオヤクンが調べてくれました。ありがとうございます。ただ、鵜呑みはいけませんので、実測!



    Dsc02630 調べた結果は、運転席のブレンドドアがスカスカ。内外切り替えのアクチュエーター固着。



    助手席用のアクチュエーターがたまに動かない。



    ダッシュはずし決定です。こーいうのって続きそうな気配がします....................。



    部品が来たらこんなマニュアルが入ってました。どーやらケースを男らしく切って、ダッシュははずさないらしいです。ラッキーと思ったのですが、助手席用のアクチュエーターはダッシュをはずさないとできません。ぬか喜びでした。シートヒーターはお告げの通り、断線してます。部品が10万オーバーだそうで、アホらしいので何とかします。



    続きます。

    スポンサーサイト

    01 VW ポロ アイドル不調

    アイドリングが不安定で、エンストしたりするそーです。エンストって、エンジンがストント止まるからだと思ってたんですが、どーやらエンジン ストップらしいことに最近気づきました。私のばかっプリはさておき。



    Dsc02588 VCDSでいきます。DS708でもいいんですけど、たまたまPC出しっぱなしだったのでこれでいきます。ポロは私の好きな車の一つです。とくに6Nの後期は好きです。あと、オシンコとがんもとホルモン焼きも好きです。しかしホルモンは、尿酸値を気にして控えてます。



    脱線しましたが、フォルトコードはスロットルポジションアクチェーター V60だそうです。へー。



    じゃ、調べます。





    Dsc02600 アクチュエーターのアウトプットテストはエラーでしたので、モーターがダメな可能性は高いです。



    が、鵜呑みにして交換するほどお人よしではありませんので、いつものようにバンデッジさんで入出力を調べます。アウトでした。部品の値段は結構いい値段です。中古でいきます。









    Dsc02612 7万ぐらいするそーです。中古あってよかったです。このほかに、プラグとエアークリーナー、EGRのパイプのお掃除、バキュームホースなどを交換しました。



    VCDSのアウトプットテストも良好なので、アクチュエーターにちゃんと働いてもらうために、アダプションします。









    Dsc02614 ベーシックセッティングからーのシャネルの№5 ではなく チャンネル№098にてADP OKがでればオッケーです。今のちょっと上手でしたね。採点お待ちしてます。

    07 VW パサート エンストした

    Dsc02539_2 かっこいいですね、この型のパサート。初めてみます。こんな新しいの来ないですからね。この前の記事のSA22CはS54年ですからね。エンストしたそうです。一回だけですが怖いので見てください。はいわかりました。



    エンジン止まるんじゃ、なんかエラー残ってるでしょ。今回はVCDSでいきます。









    Dsc02608 Dsc02609



    二つありました。フリーズフレームに日付と時間も載っていたので、お客さまに確認するとその日のその時間で間違いないそーです。今の車はすごいね。で、肝心の故障の内容は燃圧低下という意味みたいです。タンクの中と、エンジンの高圧ポンプとどっちかな?この型から、VWのマニュアルに故障コードのテーブル表が消えました。石川&千葉のキレモノに聞いたら、テスターでの診断しかないそーです。へー。だいぶ考えたけどめんどくさいので、タンクのポンプのカプラーをアイドリング中抜きました。エンジン止まりーの、フォルトコード入り―の。出てきたコードはやはり同じ。それとポンプだめよーと、ゲージのセンダユニットだめよーが出ました。おそらくポンプで決定です。相談の結果、交換してくださいということで交換しました。



    Dsc02607 交換したポンプです。4WDなのでタンクがひょうたんみたくなってるのでこんな部品できました。



    交換後、1週間とちょっとたちますがエンストしないそーなので一応解決ということで。



    やはり日々勉強ですね。









    宮城県から、ナマイキ、いや生ガキが届きました。写真に納める間もなく頂きました。スゲーうまかったです。ありがとうトマトマイケルさん、いやクルマトイキルの社長様。彼はやっぱりナイスゲイ、いやナイスガイです。こっちもなんか送ってあげたいのですが、茨城からってなにがいいのかわからないので、わかったら送ります。

    SA22C その2

    Dsc02515 前回、和光のコイルと基本的な整備によって12Aエンジンは元気になりました。車検なので、ブレーキは必須項目ですからちゃんとやります。



    Fブレーキですが、正直ハジメテミマシタ。後期はいわゆる普通のやつです。どーやってばらすと楽なんだろ。まぁばらします。



    ハブベアリングがボロボロで、ローターもサビサビ。キャリパーシールも怪しいので、全部やります。





    Dsc02599 元通りにしようとしましたが、最初の状態の組み方では、キャリパーがつきません。つくんですが、かたくてやっとスライドします。これじゃおかしいので修理屋さんの普通の考えで組むとこうです。



    頼むよ、マツダさん...................。まぁいいです。無事元通りです。









    Dsc02586 エキゾーストです。部品は出ます。フロントパイプ以外は値段も普通です。が、フロントパイプは20万オーバーです。がんばって直します。汚いのであんまり見せられませんが、現状のパイプではこれが精いっぱいでした。他のエキゾーストたちは気持ちよくNEWにしました。いい音してます。











    Dsc02591 その他、M/Tやデフなどのオイルシール、フロントのガッチャマン、いやピットマンアーム、アイドラアームetc交換。前回の車検から4000キロとは思えないほど交換部品が出ました。試運転で気になったハンドルの遊びもコラムシャフトのブッシュと、ギヤボックスの調整でいい感じ。ほんとはギヤボックスのタマコロも交換したほうが、なんてやってるときりがないのでこのへんで。



    水温計が動かないと思ったら、止めてるビスが緩んでて、後ろにあるブラケットが引っかかってました。本日、無事車検一発オッケー。気になる排ガスも、CO 2.5% HC 500PPMとお利口です。4バレルのキャブレターのセカンダリーまで開けてやると、いい加速です。普通に走れます。いや普通以上でした。プントが負けそうです。昭和54年当時、みんながあこがれるのもわかります。いい車ですね。ターボはいらないと思いますよSAには。とっても考えさせられた仕事でした。エコってなんですかね?ダイハツさん?ぽいぽい乗り換えさせるとエコなのでしょうか?



    キャブでポイント、インジェクションでダイレクトIGでアクセルワイヤーなし。時代は変わりましたが、基本が大事なのがすごく身にしみました。まかせてくれたお客さまに感謝して、本日は呑みたいと思います。









    98 BMW 735i AT不調

    ですって。リンプモードに入ってるみたいで4速で固定になってます。



    Dsc02567 ナオヤクンに診てもらうと、なんかあるそーです。



    フォルトコードは、31、36、3Bとよくわかりません。一回消去。再び走ってみるとすぐにリンプモード。発進時に滑ってます。でてきたフォルトは3B。意味は直訳で失速。ソラスでもStall Speed。



    漠然としているのでバンデッジの資料を見てみます。ひそかにバンデッジ流行らそうとしてます。スナップオンのダイアグ担当の人たち、なんか頂戴!







    Dsc02570 おー、あったねデータが。貧乏修理工場としては資料集めも大変です。このバンデッジには何回も助けられてます。ソレノイドのチャート表も載ってます。えらいぞ、バンデッジ。持ち主が賢いと、ツールも似てくるよう―です。



    機械的な故障か、電気的な故障かを調べます。



    ナオヤクンにはアクチュエーターテストの項目はあったのですが、残念ながら実行できず。借りてきたX-431はテストオッケーでした。でも基本はやはり実測。ソレノイドとプレッシャーレギュレーターの抵抗値を確認。電源を直接入れて作動確認。



    ちゃんとしてます。ラインプレッシャーはバックがちゃんとできるのでオッケーと判断。クラッチの滑りですね。



    Dsc02566 DS708のスズキソフトが出たようなのでお試し。



    プリンさんのとこは新しい車でしたが、私のとこはH13年式のMCのワゴンRでお試し。アクセスオッケーです。EPSは無理でした。この年式はEPSはどれでもダメだったような気がします。ダイハツもがんばって作ってね。







    ボクスター その3

    無事アラームユニットがなおったので次に行きます。次はドアロックです。



    Dsc02486 実は最初、右ドアも内側、外側、両方ともあきませんでした。ここは根性でクリア。シラウオのような手がおしんのような手になってしまいました。



    で、アクチューエーターの点検。モーターが死んでます。高そうなので、分解。マブチモーターでした。マブチのHPで調べましたが、こんなのありません。



    でも、どっかで見たことあります、このユニット。







    Dsc02549_2 左がボクスター、右がヤフオクの激安ゴルフⅣのです。そっくりっていうか同じです。やったね。



    ですが、そろったのはF/右、R/右です。後側のユニットも見た目は同じですが、モーターのギヤが違いました。抜き替えて交換。前側のユニットはいけそうですが、運転席用として喜んで買ったらゴルフは右ハンドルでした。なのでモーターだけ交換。



    ドアロック復活しました。ゴルフのモーターがこわれた時は、ボクスターのやつが使えますね。そんな人はいないでしょうけど。



    Dsc02524 嫁さんが作ってくれてるお弁当に入っていました。はじめて知りました。ラッキョってすごいね!

    ボクスター その2

    Dsc02488 中古のユニットが見つかるまではなんとか直そうとガンバっていました。黒い方のカプラーがアクチュエーターの入出力があるほうです。主にこちらが水没。いろんなユニットからあうリレーを探して付けたりしましたが結果はNG。











    Dsc02553 ということで、ゲジゲジたちをとりだしました。いろいろやり方あるそうです。ヒートガンやら、ハンドパワー、念力。私は、いっぱい練習したあとに、面実装取り外しの特殊ハンダを使いました。次は取り付け。そのまえに一服。出張で鍵開け。夜も更けてきましたが、がんばってパイルダーオンさせます。













    Dsc02554こちらが移植後です。赤でマーキングしてあるものがそうです。今回はテスターでもユニットの認識が確認できてるので、こういうことができました。そんでもってさっそく取り付け。エンジンスタート!おー、かかったっぺよ!うれしさのあまり普段はでない茨城弁が出てしまいました。アラームユニットが復旧して、パワーウィンドーが復活。キーレス認識復活。ドアロックはとりあえず電源供給が復活。ロックアクチュエーターのモーターが死んでるのであとはこれを何とかします。ルーフの開閉もアクチュエーターは動こうとしてるのですが、なんか引っかかっててまだ動きません。



    Dsc02555 交換したものです。きっとこんなに交換しなくてもいいんでしょうが、どれがどれだかわからないのでこれでよかったんだと思います。ちょっとずつボクスターになってきました。



    97 ポルシェ ボクスター 

      運転席下のいアラームユニットが水没したボクスターです。ドアロック、パワーウィンドー、ホロ開閉、ルームランプ、キーレスetc。いっぱい絡んでます。



    いわゆるイモビのコントロールユニットです。ということで交換です。っていうわけにはいきません。コーディング必要です。ではコーディング。しかしウチにはポルポル純正診断マシーンはありません。ディーラーにおたずねすると、新品でしか不可ということです。なんとかします。



    多分、これにイモビのノウガキがつまってるのかな?Dsc02536











    いや、これかな?





    Dsc02533











    Dsc02534





    いや、これかもしれない。目が疲れてきます。















    中古のユニットが見つかりました。考えてもしょーがないし、めんどくさいので、考えられるゲジゲジ虫たちはすべて移植することに決めました。



    めんどくさいと言えば、昨日ガレージ鍛冶屋さんの社長さんを助手席に乗せたのですが、放屁大サービスをしてもらったので、車中がクサイです。



    続きます。

    NZE121N スパシオ オイル漏れ

    毎度ながらトヨタの1NZのチェーンカバーからのオイル漏れです。



    Dsc02530 シリンダーヘッドとブロックの境目が弱いです。作る時にシール剤ケチってるんだと思います。スパシオは作業性はすごくいいです。



    記録簿をみるとずーっとトヨタさんでメンテしてるみたいです。私が知ってる限りでは、ここのオイル漏れは、新車クレーム以外で直してるのは、ディーラーさんではあんまりないと思います。きっと儲からないからでしょう。



    こういうのは工数に対して時間が合わないことが多いです。





    Dsc02532 チェーンカバーです。結構洗浄しましたが落ちないとこもありました。このあと根性でもっときれいにしました。



    オイルポンプは分解して洗浄します。組み付けのときにアッセンブリ―ルーブなどを塗っておくとオイルが垂れてこないのでイライラしません。











    Dsc02543



    この車も、クランクポジションセンサーからオイル漏れしてました。リコール対象みたいですが、この車は調べたら違うそうです。安いのでいいのですが。車検できたこの手の車は必ずカプラーをはずしてみてます。結構漏れてます。そのうちエンジンかからなくなるケースが多いです。









    Dsc02534 ボクスターのアラームユニットです。中古が手に入りました。私のたぐいまれなる集中力が試される時が来ました。そのうちアップします。

    SA22C その1

    部品が出ないから、と新車以来ディーラーで整備されてきたのに面倒見てくれなくなったSA22Cですが、頼めば部品はボチボチでてきました。



    まずはエンジンから。この間の記事でポイントを交換したと書きましたが、その時のバンデッジ プロの2次波形です。ちなみに1マスが4KVです。



    Dsc02526 なんかおかしいですね。要求電圧も高めだと思います。それより減衰曲線の出っ張りが気になります。なんじゃこりゃ?ハジメテミマシタ。たまにエンジンは息つきをしてます。何となくまわりも重いです。ちなみにこれはリーディングのほうです。



    ポイントからIGコイルに来てる配線の途中に2Pのカプラーがありました。どうやらそこの接触不良&IGコイルのシワザのようです。









    Dsc02525 そこで登場。和光テクニカルのコイルです。廃番になってしまった純正にかわってこれをつけます。別に速くしたいとか、そういうんじゃないですけど点火系はいいに越したことはありません。



    ノーマルレジスターでオッケーということで選んでみました。相談に乗ってくれた和光サン、ありがとうございました。



    ちなみにポイント式とフルトラ式ではコイル抵抗は違います。点火のシステム抵抗は合わせましょう。





    Dsc02527 せっかくなのでプラグも交換。コイルからの冷却用のオイルがもれてぶよぶよになってしまったセンターコードも交換。あらっ?いいじゃない!教科書のような2次波形が出てきました。



    走行はしてませんが、吹けあがりも全然軽くて、排圧も安定してます。マフラーの出口に手をかざすといい感じです。だんだんRX-7らしくなってきたかな?



    続きます。

    カウンター
    プロフィール
    輸入車、国産車問わず、修理 整備承ります。ご相談だけでもお気軽にどうぞ。空飛ぶ車にしてくれ!とかいうのはデキマセン。

    C.Kmotors

    Author:C.Kmotors
    FC2ブログへようこそ!

    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    リンク
    RSSリンクの表示
    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    カウンター