今週のまとめ

    Dsc01953後輩にブログの更新がないと言われたので、連ちゃん更新です。



    知人の車やサンが見てくれってもってきた530です。大したことなく終了しました。よかったです。また飲みに行こうね。他にも近所の修理屋さんがいっぱいきてくれた今週です。



    Dsc01973遊びに来た後輩です。パンスト、いやピンストがかっこいいハーレーに乗って来ました。本人の写真も入れようと思ったのですが、ブログを見てくれてる皆さんが具合が悪くなるといけないのでやめました。



    Dsc01959雨が降った日はニッサンの電気自動車の勉強をしにいったりと忙しい今週でした。雨の中、プントのサンルーフを開けてみたくなったのですが、元通りに閉まるか不安でやめました。



    また来週ガンバリマス。

    スポンサーサイト

    01年 アウディ S3 エンジン不調

    Dsc01944 ですって。友人の車やサンからの依頼です。エンジンのかかりが悪く、ASRのランプが点灯してます。ちょっと乗ってみます。なんだかトルクが全くありません。どこまで見たの~って聞いたら、フォルトコードにカム/クランクセンサーがホニャララって出てたので交換したそうです。私もソラスで見てみました。ホールせんだみつお、いやホールセンダ―、いわゆるカムセンサーの信号がありえないと出ました。センサーが新品なのでECUかタイミングずれかなと。クランキングでポンッと吹き返しがあるので、タイミングずれじゃねーのっていうことでタイミングベルトをチェックしました。





    Dsc01945ずれてました。カム側で1コマ遅れてます。トルクがでないわけです。吹き返しも納得です。しかしタイミングベルトは比較的新しいです。よくよく聞くと友人のところに来る前に結構お金かけてるらしいです。いきさつは深く聞きませんのでとりあえずずれた原因は何でしょうと思って、ウォーターポンプやその他を見ましたが、どうやら最初からかけ間違いのようです。エンジンのかかりはよくなってS3らしくなってきたのですが、やっぱりなんかおかしい。フォルトコードがまだ残っていて、やはりカムセンサーがらみです。



    Dsc01969カムセンサーの相手をしているインパルスローターです。左がついてたものです。歪んでます。なんでですかね。こんなもの普通歪みません。触った人か妖精のおじさんぐらいしか考えつきません。交換するとフォルトコードも消えてS3の加速がよみがえりました。最後にステアリングブーツを交換した際に大きく狂ったハンドル位置のために記録されたASRのフォルトコードをハンドル位置を修正し、ゼロポジション調整をして完了です。あとはまかせたよー。



    しかしさっと見たところでも、燃料ホース、たまに悪さしてる水温センサー、ウエストゲートのバイパスバルブetc........。直した方がいいところはたくさんありますが、とくにS3ならではの加速が半減してしまうブーストコントロールがらみは交換した方がいいです。やっぱりSやRSってつくアウディはなめてると金額がコワイです。でも乗ってみるとすごくおもしろい。ちょっとずつ直していきながら乗るっていうのもアリですよね。

    ムーブ L902S エンジン不調

    ですって。かかるんですが、全然フケマセン。私はあんまり見たことない4気筒です。ダイレクトIGコイルがダメだとすぐわかるのですが、比較的交換もしやすいので仕事放棄してるやつだけ交換したいと思います。4気筒で2個コイルがついてるタイプなので、入れ替えればとかコイルをプラグから浮かしてとか、インジェクターのカプラーを抜いてとか、いろいろおりますが、今回はバンデッジプロ、すなわちオシロで見ます。



    Dsc01937 Dsc01939















































    左が仕事放棄、右が勤勉なコイルです。 スパークライン、がだめなほうにはありません。要求電圧もまったく違います。波形で比べると一目瞭然ですね。結局交換して直りますが、こういう診断の過程というのは大事にしたいところです。なんとなく直っちゃった、ではかっこ悪いですよね。それとこういう時、やたらエンジンをふかす修理屋さんを見ます。あれってどうですかね。私は負荷の掛かってない状態のエンジンをやたらとフカスな!って酔っ払いの親方に若いころ教わりましたが、みなさんどうですか?私の経験上、やたらフカス人はあんまり信用できません。あっ、わかります?エンジンをふかすのと、話をフカスがかかってるんですけど。ネズッチです。

    ステップW RF3 Dレンジランプ 点滅

    ですって。ホンダ車続きます。試乗しても普通に走ります。診断機での結果は3速のプレッシャーSW不良だそうです。これよく壊れますよね。





    Dsc01908場所はここです。これの役目は3速に変速したかどうかの確認です。この情報をもとに変速タイミングの学習をします。下り坂の変速の固定などにも使ってます。お利口ですね、車って。



    Dsc01909 さくっと交換。お利口さんに戻りました。ちなみに私、家ではお利口さんです。

    続KB1 レジェンド 

    まとまったと思ったレジェンドですが、納車まで時間があったのでデータとりの目的で診断機をつけながら乗っていたら、まだなにかスッキリしません。異音の音の種類は変わったのですが、やはりロックアップ領域での違和感があります。困りましたね。調べましょう。修理書によるとロックアップはソレノイドバルブ2ヶで制御するようです。一方はロックアップのオン/オフ。もう一方はロックアップの比率だそうです。この2つ以外だと、AT脱着/分解になるのでソレノイドに的を絞って分解します。



    Dsc01910 場所はこの辺です。ここら辺をゴニョゴニョすると目的のソレノイドバルブが出てきます。テスターの強制駆動では作動音はしてますがどうなんでしょう。



    Dsc01912黒い方が新品です。こういうとき注文した部品が色が違ったり、形が変わってたりするとちょっとうれしくなるのは私だけではないと思います。サクッと交換してECUをリセットして、矢吹ジョー、いや試乗。なんかいい感じです。違和感は消えました。写真には写りにくいので載せませんでしたが、ソレノイドの先端はメッシュのフィルターがついてるのですが、外した方は中心が盛り上がってました。中のニードルバルブが当たってるような感じです。一発ギマリ!というわけにいかなかったのですが、なんとかできてよかったです。

    レジェンド KB1 走行中の異音

    気になるそうです。音って一回気になると気になりますよね。まずは試乗、そして試乗。繰り返し乗っていると助手席側から聞こえてきます。60Km/hぐらい、1200~1500RPMでブーンっていうかブブブブブっていうかそんな音がします。



    Dsc01896 わかりずらいですが、F/左のフェンダーライナーが破れてます。きっとこれが走行風で震えるのね。っと思って大胆カットしてまた試乗。全然変わりません。こんな時小さい妖精のおじさんがいてくれると助かるのですが、今日は見かけませんので違う原因を探します。





    んで、ありました。









    Dsc01905 ミッション側のマウント取り付け位置です。綺麗にゴムがちぎれてました。何の気なしにマウントかなって思って、A/Tをストールさせてみたら、やけに動くなって思って、点検するとここでした。



    Dsc01904





























    交換して、試乗するとおさまってました。ヨカッタデス。あまり見かけない車ですが、かっこいいし乗った感じもいいしお勧めです。ただプントより高いので買えません.........。

    W210 E320 バッテリーがあがる



    Dsc01898_7ですって。バッテリーダメじゃねーの。って言ったら新品ですって。普通バッテリー交換するときって天気がいいからとか、嫁サンに怒られたから交換するわけじゃなく、かかんないとかかかりが悪いで交換します。で、その時。充電量はともかく、暗電流をはかります。お客さん自分で交換してるのでそんなのははかってませんので、はかりたいと思います。んではかったら御覧の数値。



    暗電流を増やしてるヤツがいるようです。AKBのともちんじゃないことは確かです





    調べると社外のCDデッキが暗電流を増やしているヤツでした。ちなみに左の数値がドアをしめたDsc01901_4直後。ルームラDsc01903ンプがまだ点いてます。



    右が約4分経過。修理書によると約4分たつとスリープモードに入るそうなので、こうやってバンテッジだけ車に残して一服しながら観察してました。これならバッテリーあがらないですね。



    Dsc01899_3ガラスを開けとけば電流計の数値も見やすいもでしょうが、駐車状態でみたかったのでバンテッジだけ中にいてもらいました。



    最近風邪が流行ってます。私も流行りに乗ってしまいました。今夜あたり、長澤マサミちゃんと神戸蘭子ちゃんがお見舞いに夢に出てくるでしょう。



    あっ、ともちんもきてね。

    ウィッシュ エンジン不調

    Dsc01830 ですって。チェックランプも光ってます。明らかに1気筒仕事放棄です。ありがたいことにインジェクターは丸見えですので、一個ずつコネクターを外してみまちゅ。4番のインジェクターのカプラーを外すとどうやらここみたいでちゅ。赤ちゃん言葉はさておき、配線は2本しかありませんから電源とECUの柳沢シンゴ、もとい、制御信号の確認をすればおっけーですね。結果はインジェクターの断線です。







    Dsc01831 このひとが仕事放棄してました。偶然でしょうがトヨタのFFの4気筒の4番インジェクターはこれで3回目ぐらいです。なんかアルカポネ?いやあるかもね。あとで調べてみます。











    Dsc01876調子が戻ったところで再度ソラスを接続。エラーを消去したらまたチェックランプ点灯。O2センサーのヒーターが断線しました。これも交換。室内に乗ってみるとダッシュの奥から流水音。ジョロジョロ音してます。ヒーターも効きが悪いです。ヒーターホースをみるとちょろちょろLLCが漏れてます。ホースを外すとヒーターコアのパイプが御覧の通り。これ丸くする結構大変です.............。液体ガスケットで何とかしようとしたらしくへこみに結構盛ってありました。誰がやったか知りませんが、人間が丸い、いや丸くなった私がちゃんと丸くしてあげました。



    今回のダジェレはいかがだったでしょうか?点数のコメントお待ちしてます。

    でっかいホイール

    Dsc01880 JZS160のアリストに22インチホイールをつけてくれって頼まれました。22インチってあんた、入るんですか?入るようです。加工はフェンダーライナーをゴニョゴニョしたりライナーの奥をゴニョゴニョしたりしました。以前に紹介したガルウィングの車です。お客さんにはライナーは取ってもいいと言われたのですが、ガルウィングのヒンジとダンパーを守るものがなくなってしまうので取ってしまうのは気がひけます。







    Dsc01881 こちらリア側です。バンパー裏のカバーを気のきいたラインでカットするだけでオッケーでした。車高調付きでしたのでストロークを制限して車高を上げました。乗り心地は悪いです。











    Dsc01886 キャリパーも青く塗りました。持ち込みの耐熱塗料を気張ってハケじゃなく、車から外してガンで吹きました。決まりが悪く、結構な時間マスクもしないで吹いていたのでいい気分いや、頭がおかしくなりそうでした。んー、私は何屋なんでしょうか?



    このあとあげてあった右ドアがショックのヘタりでおちてきたという事件があり、そばにいなくてよかったです。しかしまたバンパーやフェンダーやはずしてヒンジ調整をする羽目になりました。最近寒いのでダンパーのガス圧が下がってますからガルウィングのかた、気をつけてね。



    私も腰のダンパーが効かず、ぎっくり腰になってしまいました。体がポンコツで困ります。あっそうそう、I Podもらったんです。すっげー古いの。使い方がわかりません..........。

    カウンター
    プロフィール
    輸入車、国産車問わず、修理 整備承ります。ご相談だけでもお気軽にどうぞ。空飛ぶ車にしてくれ!とかいうのはデキマセン。

    Author:C.Kmotors
    FC2ブログへようこそ!

    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    リンク
    RSSリンクの表示
    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    カウンター